シャイで内気な人ほど、内心では…

「人見知り」女子を口説く心理テク

2015.05.09 SAT


内気な美女で出会ったとき、どうしたら目を合わせて話してもらえるだろう…? HASLOO / PIXTA(ピクスタ)
「人見知り」を自認している人、皆さんの中にもけっこういるのでは? 初対面の相手と何を話してよいかわからず、気まずい沈黙が互いの間を流れてしまうことがある。

幸いにして筆者は初対面の人と話すのはまったく苦にならないので遠慮なく話しかけてしまうが、気になるのは、「人見知りの人にとっては、ひょっとしたら迷惑なんじゃないか?」という点。良かれと思って話しかけているのに、相手には重荷を与えているとしたら不本意すぎる。

それに、せっかく「いい!」と思った女性と出会えても、相手が人見知りだと、なかなか距離を縮めるのが難しい。こういう場合は、あれこれ話しかけるよりも、相手がこちらに馴染んでくれるまで、辛抱強く待っていたほうが良いのだろうか?

「いや、むしろ人見知りだったり恥ずかしがり屋だったりする相手ほど、こっちから積極的に話しかけた方がいいというデータもありますよ」

そう語るのは、心理学者の内藤誼人先生だ。いったいどういうことか?

「米カリフォルニア大学の心理学者マシー・フェインバーグ氏が、次のような興味深い調査を行っているんです。フェインバーグ氏は複数の被験者に、人前で“私の恥ずかしい思い出”をテーマにスピーチをさせ、その姿を分析しました。それと同時に、被験者に心理テストを実施し、対人関係の得手不得手を調査したところ、他人とのコミュニケーションに苦手意識があったり、恥ずかしがり屋な傾向が強い人ほど、内心では他人とのつながりや出会いを欲していることが明らかになったのです」

内藤先生によれば、人見知りとは「自分の良さを伝えたい」「悪い印象を与えたくない」という気持ちの裏返しで、むしろ「他人にどう思われようが関係ない」と割り切っている人よりも、人間関係を大切にしているケースが多いという。

「ですから、一見内気だったり、口数が少なかったりする人でも、上手に会話をリードして緊張を解きほぐしてあげれば、意外と深く心を開いてくれるかもしれませんよ」

とはいえ、ぐいぐい行きすぎて不快感をもたれてしまっては元も子もない。初対面なら相応の距離感やマナーは大切に。
(友清 哲)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト