「別れた恋人と復縁した人」を調査!復縁理由TOP3は…

昔の恋人とヨリを戻す心理戦略は?

2015.05.16 SAT


Okssi68 / PIXTA(ピクスタ)
なにげなくSNSを眺めていて、「友達かも?」の欄に突然昔の恋人が表示され、ドキッとしたことのある人は多いだろう。SNSがきっかけでヨリが戻り、結婚に至るカップルが増加…なんてニュースもひところ話題になった

実際、思いがけず元カノの姿を目にし、焼けぼっくいに火がつくパターンは少なくないだろう。でも、お互い何かしら理由があって破局に至っているのだから、一度別れた相手ともう一度付き合うのは、そう簡単ではないはず。やはり、淡い期待は抱かないほうが賢明だろうか…。

「問題は“別れ方”だと思いますよ。相手に対する未練が強いほど、別れ際というのは関係がこじれがち。でも、そこでぐっとこらえてきれいな別れ方を意識したほうが、復縁の可能性は高まりますからね」

そう語るのは、心理学者の内藤誼人先生だ。たしかに、仲がよかったカップルでも、別れ際に“こじらせてしまう”ケースをよく耳にする。フラれた腹いせに「これまでのデート代を返せ」とのたまったり、あきらめがつかずストーカー化したり…。最近は「リベンジポルノ」という卑劣な手段に打って出る人も増え、社会問題にもなった。別れ際ほど本性が表れるといわれるゆえんだろう。

「米テキサス大学の心理学者ルネ・デイリー氏が、昔の恋人とヨリを戻した経験のある大学生274人を対象に、復縁の理由を調査しているんです。その結果、47%が『まだ好きだったから』と回答し、断トツの1位。次いで、『破局に至った原因を相手が直してくれたから』が6.9%、『他にいい相手が見つからなかったから』が6.5%という結果が出ています。結局のところ、100年の恋も冷めるようなひどい別れ方をしなければ、一度気を許した相手というのは有利なんですよ」

もちろん、別れずに済むならそれに越したことはないが、どうしてもあきらめきれない相手なら、あえてスマートに別れて復縁の可能性に賭けてみる手もある。「急がば回れ」ではないが、遠回りのようにみえて、実は恋人の気持ちを取り戻す意外な近道なのだ。少なくとも、別れ際に感情むき出しで大モメするようでは、復縁のチャンスを自らつぶすことになる。

…といっても、相手に未練があるからこそ、これを実行するのは難しいもの。だが、昔の彼女との別れ際の状況を思い出してみて、きれいに別れた相手なら、改めてお誘いしてみると意外な展開があるかも!?
(友清 哲)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト