もう別れたい…彼女が出す7つのサインとは?

恋愛「危険度」診断チェックリスト

2015.05.19 TUE


wavebreakmedia / PIXTA(ピクスタ)
男女の別れは唐突に訪れる。「順調だと思っていたのに、急にフラれた…」と思ったことのある男性は多いだろう。でも、それは男性だけの感覚かもしれない。女性からしてみると、「少しずつサインを出していたのに…」という感覚に近いようだ。

なぜそんなギャップが生じてしまうのか? 女性心理に詳しい恋愛コラムニストによると、
「女性は、できれば円満に別れたいという気持ちが男性より強い生き物。何の前触れもなく振るとモメるリスクが高いため、少しずつ“別れのサイン”を出して、『フラれる予兆』を感じさせようとする。しかし、男性が鈍感だとサインに気づかないことも多い」のだとか。

では、女性たちはどんな「別れのサイン」を出しているのか? 前述の恋愛コラムニスをはじめ女性陣に取材した結果、以下のような「7つの予兆」が浮かびあがってきた。

●恋愛危険度チェックリスト
~女性が出す「別れのサイン」7カ条から
(1)抱かれるのをやんわり拒むようになる
(2)メールの返信が遅くなる
(3)メールにかわいい絵文字が減る
(4)会話中、「そうなんだー」など表面的なリアクションが増える
(5)電話に出ないことが増え、折り返しもあまりしなくなる
(6)仕事や友達との付き合いを理由にデートを断ることが増える
(7)デート中に誰かとメールやLINEのやりとりをするようになる

どれも客観的にみれば、「そりゃそうだ」と思うことばかりだが、いざ当事者になると、この予兆に気付かない男性が多い。というのも、たとえば「抱かれるのをやんわり拒む」場合、女性はやはり「モメたくない」ので、さりげなく振る舞うため、男性側が気付きにくいのだ。

また、気の弱い女性の場合、デートでもセックスでも、男性からの誘いを断りきれず、連絡も返してしまう人も多いという。さらに、多少なりとも相手に情が残っていたりすると、なおさらサインを読みとりにくくなる。

では、男性としてはどうしたら彼女の本心を察知できるのか? そこで「8つめのサイン」として注意したいのが、「デートを切り上げる時間」である。

デート当日、会って早々に「今日の夜、急に仕事の予定が入っちゃった」などと、切り出されたら要注意。乗り気でないデートをOKしてしまった女性は、「○時まで」とあらかじめ予防線をはることで、心理的な負担を軽くしようとする傾向がある。

ちなみに、「別れのサイン」に気づいた場合、焦ったり、急に態度を変えたりしても逆効果。敢えて少し距離を置いたほうが良いケースも少なくない。男性は「少し距離を置こう」と女性から言われると嫌がる人も多いが、むしろ一度距離を置いたほうが、これまでの楽しい時間やあなたの好きなところを思い出す機会ができるそう。微妙な女ゴコロを察知し、彼女の気持ちをつなぎとめたいものだ。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト