コンプレックスを、楽しもう

スタイル良く見える夏のパンツ選び

2015.05.20 WED


本格的に暖かくなってきましたね。ファッションやコーディネートが楽しめる季節になってきました。雑誌やネットで、トレンドのチェックに余念がない人も多いでしょう。一方で、肌の露出が増えていくために、冬のあいだコートやブーツで隠してきた気になる下半身が目立ってしまうのではないか、と心配している女性も少なくないはず。そこで今回は、下半身のコンプレックスをカバーする上手なパンツ選びをご紹介します。色やカタチなど、何気ないセレクトでも見え方に大きな差がつきますよ。

●どちらにしよう…悩んだら濃い色を!
濃い色はひきしまって見えるというのは、よく知られています。では、濃い色とはどんな色でしょう。色の基礎知識として、オレンジや黄色などの暖色系や迷彩色は、実物よりも大きく見えるのと同時に、見る人へ迫ってくるような効果があります。これは目の錯覚によるもので、より大きく膨らんで見えるのです。一方、紺や黒などは縮んで見えるのと同時に、見る人から遠ざかるような効果があります。ですから、身体を小さく、ひきしめて見せるためには、黒や紺などをボトムに選ぶのが正解。ボトム選びに悩んだら、まずは色に注目するよう心がけましょう。

●ワイドパンツは下半コンプレを解消する?  
マニッシュスタイルのブームは、2015年も継続中。街でもワイドパンツでキメたおしゃれな女性を多く見かけます。でも、ワイドパンツは下半身が目立ってしまうから、自分には無理だと思っている人もいます。実はそんなことはないのです。ワイドパンツは太ももをしっかりカバーするので腰まわりがスッキリしますし、春夏は麻素材などが増えるため、よりいっそう見た目が軽やかに。ゆるやかなブラウスなどのトップスと合わせれば、流行のコーデを楽しむことができますよ。

●腰ハリや胴長のお悩みは、素材で工夫を
ひとくちに下半身の悩みといっても千差万別ですが、素材やシルエットを工夫すれば、驚くほどスタイルの悩みを解消できてしまいます。おしりが大きめで腰まわりが張っているのが気になるという人は、スウェット地や伸縮性のある素材を使ったパンツを試してみて。おなかのお肉が乗ることなく、身体をやさしく包みこんでくれます。胴長に見えて悩んでいるという女性は、ハイウエストのボトムで足長効果を狙いましょう。すっきりしたトップスと合わせてIラインを作れば、さらに効果が高まります。

●いろいろなファッションに挑戦してみよう
体型の悩みは尽きないもの。ですが、そのせいでおしゃれを楽しめないのはもったいない話です。少しの工夫で、他人からの見え方はまったく違ってきます。たとえば、トップスに大ぶりなアクセサリーを合わせたりすると、目線が上にくるので、下半身への目が気にならなくなりますよ。今回はパンツで悩みを隠す方法をメインにご紹介しましたが、思いきって露出してしまうほうが目立たないこともあります。ミニスカートやワンピースなども、デザインや素材次第。着る前からあきらめるのではなく、どれを選べば自分がより魅力的に見えるか、試してみましょう。慣れてくると、新しいファッションにチャレンジすること自体を楽しめるようになります。

ぜひ、一度トライしてみてくださいね。
(enJOY Complex編集部)


記事提供/『エンジョイコンプレックス』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト