コンプレックスを、楽しもう

メガネのフレーム別イメチェンテク

2015.06.01 MON


「メガネは、視力の悪い人がするアイテム」という時代は、終わりました! 最近は、フレームなし・黒フチ・カラーレンズ・大きめフレーム・クラシックタイプなど、多種多様のメガネフレームが発売されて、オシャレアイテムとしての価値を高めています。視力が良い人も悪い人も、メガネを日々のファッションアイテムの1つと捉え、トータルコーディネートを楽しんでいるのです。メガネ1つで、可愛い自分・かっこいい自分・キレイな自分に早変わり! 今回は、メガネのフレーム別イメチェンテクニックをご紹介します。

1.黒フチ×大きめの丸いフレームで、可愛いたれ目女子に変身
キレイより、可愛いと言われたい。 愛嬌のある女性になりたいという方は、男女問わず誰からも好かれる「可愛いたれ目女子」を演出してみましょう。可愛いとたれ目の両方を演出するために最適なメガネフレームは、黒フチ×大きめの丸いフレームのメガネです。一見重い印象になりがちな黒フチメガネですが、ジーンズやハーフパンツなどのカジュアルな服装との相性は抜群で、一気にオシャレ度がアップします。黒フチで大きめの丸いフレームは、顔の大部分をメガネが覆うことになるので、小顔効果も期待できます。また、丸いフレームは全体的に垂れ下がっているタイプが多く、自然なたれ目を演出してくれます。これで、あなたも誰からも好かれる可愛いたれ目女子に大変身!

2.小さい目の人は、小さめフレームを選んで目をパッチリとさせよう
小さな目にコンプレックスを抱えている方は、フレームが小さいメガネを選んで下さい。横幅だけでなく、縦幅もなるべく狭いタイプを選び、目の周りに出来る余白が出来るだけ少ないものがオススメです。大きめフレームは、目の周りに余白が生まれ、さらに目が小さく見えてしまうのであまりオススメ出来ません。余白が少ない方が、目が大きく見え、相手にパッチリとした印象を与えるというメリットがあります。ぜひ、フレーム選びの参考にしてください。

3.ジョン・レノン愛用の丸メガネで、目も真ん丸のお人形ガールに変身
ジョン・レノンが愛した丸メガネは、目とフレームの間にある余白が左右均等なのでとてもバランスが良く、目力をパワーアップさせてくれます。加えて、他のフレームと違って横幅が狭い丸メガネは、目の幅をギュッと縮めて、お人形のように真ん丸な目に見せてくれます。レトロで可愛らしい丸メガネのフレームは、つり目が気になる方に、オススメの商品です。ぜひ1度、メガネショップに行って試着してみて下さい。特徴的なメガネですが、カジュアル・ボーイッシュ・ナチュラル・エレガントなど、様々なジャンルの洋服と相性が良いので、オシャレアイテムとして便利です。

最近では、5000円以内で購入できるお手頃価格のメガネショップも増えているので、1本と言わず、服装や気分に合わせて何本かそろえておくといいですね。メガネを上手に使えば、毎日のオシャレがもっと楽しくなります。その日の自分の気分に合わせて、手軽にイメージチェンジをしてみませんか?
(enJOY Complex編集部)


記事提供/『エンジョイコンプレックス』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト