理想の男子は、外は草食・中は肉食?

香りで解説!モテるオトコの特長

2015.06.03 WED


シトラスの香りに加え、ビターな奥深さを秘めたロクシタン「セドラ」。爽やかな印象の奥に秘められた大胆な意外性が、ただのいい人に終わらせない魅力をもたらしてくれるかも?
男性向けのコスメ・エステ市場の拡大など、男性の美容意識の高まりが指摘される昨今。こういった男性の変化について、世の女性はどう感じているだろう? そこで、20代の独身OL100人に「美容意識の高い男性をどう思うか?」というアンケート(※)を行ったところ、「好き・どちらかといえば好き」と回答したのが62%と好意的に受け止められているようだ。

しかし注意すべきは、身だしなみにこだわるキレイな男性を歓迎する一方で、内面までもが草食化することを望む女性は多くないという点。理想のタイプを「見た目」と「内面」に分けて、「草食系」「肉食系」のいずれが良いかを選んでもらったところ、結果は以下のとおり。

1位 見た目は「草食系」で、内面は「肉食系」…57%
2位 見た目も内面も「草食系」…23%
3位 見た目も内面も「肉食系」…15%
4位 見た目は「肉食系」で、内面は「草食系」…5%

これを見ると、身だしなみはキレイで爽やかな外見でありながら、性格や恋愛については行動力のある積極性を求める女性が多いことがわかる。一方で、内面はどうであれ、見た目は「草食系」を支持する女性が7割に及ぶ点も見逃せない。蒸し暑くなるこれからの季節、汗による不快なニオイを漂わせていては、見た目にもマイナスの影響を及ぼす恐れがある。カラダを清潔に保ち、汗のケアをするのはもちろんだが、さらに“香り”を効果的に取り入れて、内面を演出してみるのはいかがだろう?

ちなみに、彼に使ってほしいフレグランスの香りをたずねてみたところ、

1位 シトラス系…45.8%
2位 マリン系…20.2%
3位 オリエンタル系…14.6%
(回答が得られた48人の集計結果より)

シトラス系がダントツの人気。爽やかな印象を与える柑橘系の香りは、夏にぴったりだけど、人気の香りだけあってシトラス系のフレグランスは種類も豊富。そこで、オススメしたいのが、この6月にロクシタンから発売された新しいメンズシリーズ「セドラ」だ。

太陽が降り注ぐ南フランスの島、コルシカ島のシンボルフルーツとして知られるセドラは、レモンの原種ともいわれる野趣あふれる風味が特徴。太陽の果実ともいわれるセドラの香りは、単なるフレッシュさだけではない。ヒマラヤスギ「Cedar(シダー)」に名前が由来するとおり、シトラスの中に、ビターなウッディ―ノートという奥深い二面性を兼ね備えている。その香りを言い換えれば、女性が理想とする「爽やかな見た目と奥に潜む男らしい大胆さ」を身にまとえるということ。

ロクシタン「セドラ」のラインナップは、セドラの外皮をイメージしたボトルが印象的な「セドラ オードトワレ」をはじめ、汗と皮脂でベタつきがちな肌をさっぱりと洗い上げ、適度な潤いをもたらしてくれる「セドラ フェースジェル」、弾けるような爽快な香りで一日の疲れた気分とカラダの汚れを吹き飛ばしてくれる「セドラ シャワージェル」などラインナップも充実している。

この夏、ワンランク上の爽やかなオトコを目指すなら、セドラの香りを身にまとって、ひと味違うオトコを印象づけてみてはいかがだろう?

※ 首都圏在住の独身OL100人へのアンケート調査 2015年5月 R25調べ

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト