メジャー車開発のルーツを探る!

HVのメジャー・プリウスの歴史

2015.06.03 WED


ハイブリッド車を「メジャー」な存在へと押し上げたプリウスにも長い歴史が!
現在、世界的な認知度を持つ“メジャー”な定番アイテムも、この世に登場した当初は無名のルーキー。物珍しい新製品が、多くの人々から“ホンモノ”として支持されるようになるまでの歴史について、今や世界中で利用されているハイブリッド車・プリウスを例に調べてみました。

プリウスがデビューしたのは1997年。「21世紀に間に合いました。」のキャッチコピーを覚えている人も少なくないのでは? そのもっとも大きな特徴は、当時まだ一般的には浸透していなかった「ハイブリッド」というものでした。世界初となる「量産ハイブリッド自動車」として誕生した当時のプリウスの燃費は、28.0km/l(10・15モード)で、当時のガソリンエンジン車としては驚異的な数値。「ハイブリッド」というキーワードを世界に知らしめるその性能に加えて、未来を感じさせるフォルムや、内装のオーディオ機能・カーナビ機能などを搭載したマルチインフォメーションディスプレイ、専用の超軽量鍛造アルミホイール、さらに空気抵抗を低減するための樹脂製ホイールカバーなど、他に類を見ない最新の技術が搭載されていました。

初代NHW10の登場から6年後。フルモデルチェンジを行い2代目となるNHW20が登場したのは2003年のこと。環境問題が大きく注目されていたこともあり、10・15モード燃費 35.5km/Lのプリウスは世界的な大ヒットを記録します。環境性能を重視する海外セレブたちがこぞって愛車にしたことでも大きなニュースになりました。当時、世界最高の省燃費を記録したプリウスは、「ハイブリッド」のキーワードとともに本格的な世界進出を開始し、一気にメジャー化を果たしました。

さらに、現在活躍中の3代目プリウスZVW30は2代目を超える驚異的な大ヒットを記録します。2009年5月に販売を開始して以来、自動車業界史上、過去に例を見ないほどの売れ行きとなり、その販売台数は、なんと累計300万台以上! ハイブリッド車として世界一の実績はもちろん、「ハイブリッド」という新たなカージャンルを確立することにもなりました。

モデルチェンジを繰り返すたびに、性能をアップし続けているプリウス。3代目のZVW30は、「L」グレードのJC08モードの燃費で32.6km/Lというトップクラスの低燃費を実現しています。また、トヨタでは初となるバッテリー駆動の電動ウォーターポンプを搭載し、摩擦抵抗・フリクションロスを低減。また、これまで廃棄していた排気熱を、ヒーターやエンジンの暖気に再利用できる排気熱の再循環システムも採用されています。

今では一般的に知られる「ハイブリッド」を、全世界に浸透させたプリウス。リニューアルごとにその性能を高め、ハイブリッド車に必要な数々の新機能を「メジャー」化していることにも注目です。ハイブリッド車の「メジャー」として、今後どんな歴史を見せてくれるのか、その期待は高まるばかり! 今後も“ホンモノ”の歴史に注目を!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト