既婚男性100人に調査!男の後悔TOP10

「結婚式で後悔したこと」1位は?

2015.06.07 SUN


kou / PIXTA(ピクスタ)
「ジューンブライド」なんて言葉があるせいか、6月は結婚式の話題が増える時期。将来の結婚式に思いを馳せる人も多いだろう。ただ、結婚式というと、どうしても「女性が主役」というイメージがある。そのせいか、いざその時がきても彼女任せにしてしまい、終わってから後悔…という男性もいるようだ。

そこで20~30代の既婚男性100人にアンケート調査を実施。結婚式・披露宴にまつわる先輩たちの「後悔」を尋ねてみた。

●結婚式・披露宴の後悔TOP10
(3つまで選択、協力/アイリサーチ)
1位 お金をかけすぎた(23人/100人中)
2位 別の式場・披露宴会場にすればよかった(18人/100人中)
3位 お金をケチりすぎた(13人/100人中)
4位 腕のいいカメラマンを頼めばよかった(11人/100人中)
5位 ゲスト選びを間違った(10人/100人中)
5位 変な演出をしてしまった(10人/100人中)
5位 別の衣装にすればよかった(和装、白タキシードetc.)(10人/100人中)
5位 飲みすぎてしまった(10人/100人中)
9位 開催時期を誤った(真冬、梅雨、夏場etc.)(9人/100人中)
10位 別の引き出物・引き菓子にすればよかった(8人/100人中)

※番外
11位「別の人に余興をお願いすればよかった」(7人/100人中)
12位「料理にもう少しお金をかければよかった」(6人/100人中)
13位「別の人にスピーチ/乾杯をお願いすればよかった」(4人/100人中)
13位「担当のウェディングプランナーを変えればよかった」(4人/100人中)

「お金をかけすぎた」「お金をケチりすぎた」という正反対の理由が1・3位を占めているのは興味深い。後悔した理由はご覧の通り。

【1位 お金をかけすぎた】
「あまりにも額が大きいため、金銭感覚がマヒしてきて、いらない演出にお金をかけてしまったところがある」(32歳)
「予定よりご祝儀が少なかったんでもう少し安くすればよかった」(33歳)
「あれこれ付け足していったら 予定より200万円オーバー。一生に一度のことなので仕方ないとは思うが、もう少しおさえたかった」(35歳)

【2位 別の式場・披露宴会場にすればよかった】
「チャペルがある所にすればよかった」(32歳)
「スタッフが気が利かないし、面倒くさいと思っているのがすぐに顔に出る」(34歳)
「出席者にめんどうをかけたので、もっと近場にすればよかった」(38歳)

【3位 お金をケチりすぎた】
「彼女のウェディングドレスのサイズが合わなかった」(38歳)
「食事がよくなかった」(35歳)
「ビデオに残しておけばよかった」(32歳)
「料理やお車代など、もっと手厚くすべきだった」(36歳)

【4位 腕のいいカメラマンを頼めばよかった】
「ピンボケが多かった」(31歳)
「撮影のタイミングが悪かった」(32歳)
「良い写真が少なくがっかりした」(37歳)

【5位 ゲスト選びを間違った】
「仲がいい人だけにすればよかった」(33歳)
「上司を呼んだら説教された」(32歳)
「人数が少なすぎていまいち盛り上がりにかけた」(34歳)

【5位 変な演出をしてしまった】
「カラオケを用意していたら、カラオケ大会のようになってしまった」(35歳)
「キャンドルサービスの代わりに行った風船を割る演出で、1テーブル当たりの時間がかかりすぎ間延びした感じになってしまった」(36歳)
「チアリーディングの格好をして、ビールサーバをかついで各テーブルをまわった。今考えると、なぜチアリーディングだったのか…」(28歳)

【5位 別の衣装にすればよかった(和装、白タキシードetc.)】
「衣装があまり似合わなかった」(31歳)
「出席者を驚かせようと、ピンク色のタキシードを着てしまったが、もっと普通にすればよかった」(35歳)
「お色直しをしたが、そんなに色が変わらず、お色直し自体を気づかれなかった」(26歳)

【5位 飲みすぎてしまった】
「調子に乗って飲み過ぎた」(39歳)
「後半を覚えていない」(39歳)
「断りきれず、真っ赤な顔で、衣装直しの写真撮影」(38歳)
「酔い過ぎて眠ってしまった」(38歳)

【9位 開催時期を誤った(真冬、梅雨、夏場etc.)】
「真冬で寒さがきつい日になってしまった」(35歳)
「秋の京都だったので空き室がなくゲストのホテル探しが大変だった」(37歳)
「梅雨だったので天気が悪かった」(38歳)

【10位 別の引き出物・引き菓子にすればよかった】
「もうちょっと高い引き出物にすればよかった」(26歳)
「引き出物を商品券にしたが、味気なかったかも」(35歳)
「陶器で出来た器を引き出物にしてしまった。割れたら縁起が悪いとあとから思いました」(35歳)

そのほか、料理については、「人づてで料理が地味だったと聞かされた」(27歳)なんてコメントも。そんな思いはしたくないかも…。

以上、これから結婚式&披露宴を挙げる皆さんは、先輩たちの失敗を参考に、思い出に残る式にできるといいですね。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト