賢い子、素直な子、たくましい子…1位は?

こんな子に育ってほしいTOP10

2015.06.07 SUN


時に厳しく、時にやさしく。世のパパたちは「こんなふうに育ってほしい」という思いで叱っているのでしょう
「○○な子になってほしい…」とは、子育て中のママがよく口にするセリフ。世のパパたちも、子供が生まれた当初は「健康で元気に育ってくれればそれでいい」と言っていても、次第に「こんなふうに育ってほしい」という期待がふくらんでくるようだ。そこで、25~39歳の子持ちの既婚男性200人に、自分の子供がどんなふうに育ってほしいか尋ねてみた。(協力/アイリサーチ)。

●我が子にはこうなってほしいTOP10
(1~3位を選択してもらい、1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計。協力/アイリサーチ)

1位 やさしく思いやりのある子(289pt)
2位 家族を大切にする子(156pt)
3位 友達を大切にする子(153pt)
4位 素直な子(100pt)
5位 挨拶がきちんとできる子(75pt)
6位 好奇心旺盛な子(63pt)
6位 頭のいい子(63pt)
8位 礼儀正しい子(62pt)
9位 たくましい子(58pt)
10位 真面目な子(56pt)
10位 活発な子(56pt)

ダントツだったのは「やさしく思いやりのある子」。当然のようにも思えるが、「家族を大切にする」「友達を大切にする」などを大きく引き離して人気を集めた。では、それらの選択にはどんな思いが込められているのだろうか。コメントを見ていこう。

【1位 やさしく思いやりのある子】
「社会に出たときに一番必要なことだと感じるから」(37歳)、「人の気持ちがわかる子に育ってほしいため」(29歳)、「人の喜びや痛みをわかる人間に悪い人はいない」(35歳)、「まわりを気遣える人間になってほしいから」(37歳)、「誰に対しても思いやりのある人間になってほしいので」(36歳)、「優しければみんなにも優しくしてもらえる」(37歳)

【2位 家族を大切にする子】
「家族でずっと仲良しでいたいから」(28歳)、「親や兄弟を大切に出来ない子供はダメ」(36歳)、「家族の大切さに気づいてほしい」(36歳)、「一番身近な人間を大切にしてほしいので」(39歳)、「普段から接する最も近い人たちを大切にできないなら、それ以外の人たちを大切にすることなど出来ないから」(39歳)

【3位 友達を大切にする子】
「生きていく上で友達がいないのは辛い」(28歳)、「人とのつながりを大事にしてほしい」(32歳)、「友達は一生の宝だから」(35歳)、「信頼出来る友人は必要」(36歳)、「自分も友達を大切にするように教えられたから」(39歳)

【4位 素直な子】
「なんでも率直な意見が言える子供になってほしい」(27歳)、「何事も素直な人は周りから好かれるから」(30歳)、「まずは言われた事を受け入れてじゃないとなにも始まらないと思うから」(36歳)、「素直な心がなければ、何事も向上していかないと思っているから」(39歳)

【5位 挨拶がきちんとできる子】
「挨拶は基本だから」(37歳)、「挨拶一つで、周りの感じ方が違うから」(38歳)、「人とのつながりはまず挨拶だと思うから。」(37歳)、「初対面の人に対しきちんと挨拶ができる人は、やはり相手に与える印象がいいと思うから」(37歳)

【6位 好奇心旺盛な子】
「何事にもチャレンジして欲しい」(29歳)、「いろんなことに興味を持ってほしいから」(35歳)、「やっぱり自分自身で進んで行動する方が成長にいいので」(29歳)、「好奇心をもって自分の好きなことをしてほしい」(38歳)

【6位 頭のいい子】
「社会を生き抜くのに必要だから」(36歳)、「子供が人生で失敗しないように」(36歳)
「勉強してほしい」(38歳)、「重要な要素だから」(35歳)、「すべての基本だと思うから」(37歳)

【8位 礼儀正しい子】
「人としての基本」(39歳)、「一番大事と考えているので」(37歳)、「社会に出て困らない」(39歳)、「皆に好かれる子になってほしい」(39歳)

【9位 たくましい子】
「とにかく、健康な子に育ってほしい」(38歳)、「自分で切り開いていけるようにしたいから」(39歳)、「病気をせずに頑丈な体になってほしいから」(39歳)

【10位 真面目な子】
「真面目が一番」(38歳)、「手が掛からないから」(39歳)、「自分が不真面目で痛い目にあったから」(37歳)、「真面目かどうかで全ての面に影響が出るから」(38歳)

【10位 活発な子】
「元気な子供が好きだから」(36歳)、「積極的に生きて欲しい」(38歳)、「元気が一番だから」(37歳)

全般的に、「人とのつながりを大切にしてほしい」という声と、人生を歩んでいくうえで「これだけは身につけてほしい」と願う声が目立つ。いずれにせよ、我が子への愛が感じられるコメントばかり。これが親心というやつなんでしょうかね…。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト