子どもとテレビの意外な関係

意外と深刻!? わが家のテレビ問題

2015.06.12 FRI


子どもたちの心をつかんで離さないテレビ。メリハリをつけて上手に付き合いたいところだけど、子育てライフのなかでは困った状況になることもしばしば。小さな子どもを持つママたちが抱える「わが家のテレビ問題」とは?  周囲のママたちに聞いてみた!

「3歳になる長男。『テレビを見るときは画面から離れなさい』と、いつも言っているのですが、気が付くとテレビの真ん前にいます。なんでそんなに近くで見たいの…」(35歳/女性)

画面に吸い寄せられるように近付いてしまう子どもたち。なかには、「これ以上近付いてはいけないラインを作っている」(33歳/女性)、「テレビの前に机を置いて、物理的に近寄れないようにしている」(38歳/女性)というママも。テレビとの物理的な距離問題は、多くのママが頭を悩ませることなのかも。

「テレビを見ながらご飯を食べたがるわが子(2歳)。ちゃんと食べるならいいけど、絶対に手が止まっちゃう。見せないと機嫌が悪くて食べなくなるし…。本当に困っています」(30歳/女性)

テレビを見せても見せなくても“食べない”子ども。成長とともに変化が見られるようになって欲しいもの。

「夕食時になると、必ず起こる主人と子ども(4歳)のチャンネル争奪戦。子ども同士ならまだしも、主人がムキになっている姿を見ると、『いい大人が何やってんの…』と思います」(33歳/女性)

チャンネル争いはいつの時代にもあるようで。ここはひとつ、パパに大人の度量を見せてもらいたいところ。

「娘(3歳)と一緒に見ていたドラマのなかで思いがけずラブシーンが…。途中で止めるのも変なのでそのまま見続けていましたが、数10秒のシーンが異様に長く感じられました」(28歳/女性)

ラブシーンは、子どもと「性」について話すいい機会。とはいえ、3歳の娘と何を話せばいいのか悩むところだけれど。

「私は、メリハリを付ければ、子ども(4歳)にテレビを見せてもいいと思っているけど、姑が『テレビは教育に良くない!』とうるさくて。わが家の方針に口出しされると、本当にげんなり…」(31歳/女性)

子どもとテレビの関係を飛び越えて、嫁姑問題に発展。テレビは本当に教育に良くないのか、客観的な視点で話し合いをしたいものだ。

子どもに直接関係するものから、家族を巻き込んだものまで、「わが家のテレビ問題」は千差万別。さんの家庭は、上手にテレビと付き合うことができている?
(根岸達朗+ノオト)


記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト