モテる40代の遊びガネ錬金術

リゾート会員権がいま「買い」の理由

2015.06.17 WED


モテる40代の遊びガネ錬金術/リゾート会員権がいま「買い」の理由
『エクシブ』、『東急ハーヴェストクラブ』など、根強い人気の高級リゾート会員権。バブルのころよりも市場が整理され、公正な価格で購入・転売ができる環境が整ってきているという。リゾート会員権が将来値上がりを期待できる『投資物件』になりうるのかどうか、また、購入する際のオススメ商品をリゾートライフアドバイザーの大高久雄さんに聞いた。

■■今回のアドバイザー
リゾートライフアドバイザー
大高久雄さん

リゾート施設運営会社にて20年間、おもに商品企画・開発部門に従事。リゾートマンションの再生やホテル不動産の証券化などの事業を担当。2011年に独立後はハワイのタイムシェアリセール事業を起業。一般社団法人日本リゾートクラブ協会タイムシェア研究会の委員も経験。顧客のニーズに合ったリゾート物件選びなどの個別相談を行っている。マンション管理士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー。

■投資としてのリゾート会員権

大高さん「別荘を単独で買うより、リーズナブルで使い勝手がいいリゾート会員権は、最近になって人気が上昇しています。その理由として考えられるのは、円安により海外から国内旅行へのシフト組が増えたことです。さらに連動性の傾向がある株価が上昇したことの影響を受けて、リゾート会員権相場の底打ちが確認できたことへの安心感から需要が高まっているのだと思います。

買い手が増えたことにより、『新規募集時に450万円で買った会員権が600万円で転売できた』、『数年前に100万円を切っていた会員権が130万円で転売できた』、といった事例も少なからず出るようになりました」

■売れ筋でなおかつ安心して買える商品とは?

大高さん「リゾート会員権は新規募集中の物件を直接事業主から買う方法と、仲介業者よりリセール物件を買う方法があります。物件にもよりますが、リセール物件の平均相場が大体100万円前後で、会員権価格安いものは5万円から、高いものは900万円程度で買うことができます。利用できる施設数や施設の運営状況で価値が変わってくるので、購入する際にはチェックしてみてください。

代表的なリゾート会員権を挙げるのであれば、やはり、会員制リゾート国内最大手のリゾートトラストが事業主の『エクシブ』と、東急不動産が事業主の『東急ハーヴェストクラブ』です。どちらも新規施設をどんどん増やしています。また、事業主が上場企業なので、安心して購入できるリゾート会員権といえるでしょう」

■シーン別のオススメリゾート

大高さん「彼女や奥様といった大切な方とゆったりと過ごしたいなら、施設や客室が豪華な『エクシブ』がおすすめです。最上級グレードのスーパースイートの客室は120㎡を超える広さがあります。

男の隠れ家的に使うとしたら、『逗子マリーナオーナーズ』がおすすめです。都心からも近く、電車利用も可能です。週末にリフレシュを兼ねて気軽にチェックイン、鎌倉や湘南の散策を楽しみ、月曜日の朝チェックアウトして出勤も可能なロケーションが魅力です」

■最後にアドバイザーからひと言

「投資としてのリゾート会員権は、非常に限られた話になってくるので、くれぐれも『利用すること』を大前提で購入してください!」

記事提供 / 素晴らしきオトナたちへ。モテるオトナの悦びを。[editeur エディトゥール]

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト