コンプレックスを、楽しもう

睡眠不足が招く「3つの危険」とは

2015.06.15 MON


なんだか最近老けて来た。そう感じているあなた、睡眠不足が続いていませんか? 「忙しいんだから仕方がない」と諦めないで! 体や肌が受ける睡眠不足のダメージはあなどれません。若い時には、少しの寝不足くらいでは平気だったかもしれませんが、睡眠が足りなくて体がきついと感じ始めたら、そこが「体の曲がり角」のサインといえます。不足した睡眠は、決して消えないことを知っていますか? そのままにしておくと睡眠不足による様々な影響が体に溜まり、体調不良を招きかねません。睡眠不足がもたらす危険を、大きく3つに分けてみました。

1.様々な体調不良や病気につながる
睡眠不足が続くと、ストレスホルモンが必要以上に分泌され、免疫力が落ちることが分かっています。免疫力は、全身の健康を保つために必要不可欠な力です。これが不足すると、がんを含む様々な病気にかかりやすくなったり、うつ症状を感じやすくなるなどの危険性が高まってしまいます。

2.細胞の劣化が早くなり、肌が衰え始める
生き物はなぜ眠るのか? それは疲れを癒やすためだけでなく、細胞の再生のための休養でもあります。睡眠不足が続くと、細胞がきちんと再生される流れが阻害されてしまうのです。もし適切な睡眠を得られなければ、細胞の生まれ変わりがスムーズに行われず、肌の老化が早まることが、研究でも証明されています。

3.気力が下がり、判断力が低下する
慢性的に睡眠不足を抱えている人は、日中、活動しなければならない時にも、パワーが落ち、判断力が低下して動きが鈍くなりがちです。また、普段の生活の中で睡魔が襲ってきて、気力が下がり、集中力を保てなくなります。おっくうそうに動く人は、年齢に関わらず老けて感じられますよね。

とはいえ、横になってもなかなか寝付けなかったり、眠ってもすぐに目が覚めてしまうといった「睡眠障害」を抱えている人もいるでしょう。睡眠導入剤などの薬で対処している人もたくさんいます。ただ、長期間の服薬は依存症などのリスクも高まるため、慎重に判断しなければなりません。

しかし、2014年になって、睡眠の質を向上する効果を持ったフルーツが発見されました。それはなんと、「さくらんぼ」! それもジュースにしたものです。さくらんぼは美しいルビー色をしていますが、秘密は、その赤い色素にあります。色素にたっぷり詰まっている酵素が、眠りの質を保つために必要な「トリプトファン」という成分を守ってくれるのです。さくらんぼには、ホルモンの分泌を整える成分も含まれています。毎日継続して飲めば、睡眠が安定すると研究で証明されました。必要な量を食べるにはかなりの量が必要になりますが、100%のジュースなら、1日にコップ2杯飲むだけで充分な効果が得られるそう。

世界で話題になり始めているさくらんぼジュース。これなら薬のように体に負担をかけることもなく、健康的に睡眠不足を改善することができますよ。
(enJOY Complex編集部)


記事提供/『エンジョイコンプレックス』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト