あなたも「隠れ仮面夫婦」「仮面夫婦予備軍」かも…

「仮面夫婦」危険度チェックリスト

2015.06.24 WED


HighwayStarz / PIXTA(ピクスタ)
夫婦仲は冷え切っているのに、様々な事情で夫婦関係を続けている「仮面夫婦」。そんな状態にはなりたくないが、世の中には「隠れ仮面夫婦」や「仮面夫婦予備軍」も少なくないという。しかも、当人同士は自覚していないケースも多いのだとか。

そこで夫婦問題カウンセラー協力のもと、「仮面夫婦度チェックリスト」を作成した。既婚者の皆さんは、以下の16項目のうち、いくつあてはまるかチェックしていただきたい。

【仮面夫婦度チェックリスト】
□夫婦の間で3カ月以上会話らしい会話がない
□一緒にいない時、配偶者がどう過ごしているか、あまり関心がない
□1年以上、夫婦間でSEXがない
□配偶者とSEXしたいと思えない
□浮気をしている
□他人や親せきの前では良好な夫婦仲を装っている
□家では子供と接する時以外、無表情でいることが多い
□近い将来、離婚することを視野に入れている
□結婚生活を続けているのは経済的理由によるところが大きい
□結婚生活を続けているのは子供のため
□配偶者との生活に期待していない
□自分の人生のなかで、今の家庭生活は重視していない
□家で食事はほとんどしない
□家庭に居場所がないと思う
□仕事が終わっても、まっすぐ帰宅したいと思えない
□ひとりで過ごす場所を確保している

●該当項目が1~3個の人
危険度は「小」。ただし、夫婦関係にひびが入り始めている「仮面夫婦予備軍」。ここで軌道修正しないと、家庭で伸び伸び暮らせなくなるので要注意!

●該当項目が4~6個の人
危険度は「中」。漠然と離婚が頭をよぎっているかも。その自覚がない場合は、いわば「隠れ仮面夫婦」といえる。このままの関係で夫婦生活を続けると、一方もしく双方ともかなりストレスが溜まるので、健康面でも注意が必要。

●該当項目が7個以上の人
危険度は「大」。正真正銘の「仮面夫婦」。夫婦関係がかなり冷え込んでいることは夫婦とも自覚しているはず。それでも夫婦関係を続けているということは、別れられない事情を抱え、仮面夫婦でも構わないと一方が(もしくは双方とも)割り切っている可能性大。離婚しようとしても難航する恐れあり。

ちなみに、一度「仮面夫婦」になってしまうと、夫婦関係を修復するのはかなり困難だとか。それでもなんとかしたければ、以下3点を心がけよう。

●笑顔でいること
簡単なように見えて、夫婦関係が冷え込んでいると、これすらも難しい。しかし、笑顔は相手との心の距離を縮める基本。無理にでも笑顔を浮かべる「努力」が必要だ。最初は楽しくなくても、笑顔を浮かべることで、次第に楽しい気分になれる効果があることは心理学の実験などでも指摘されている、

●相手を認める・褒めること
特に女性は「愛されたい」という思いが基本にあるので、妻の労をねぎらい、髪型など妻のちょっとした変化に気付いてあげることが大切。

●相手とのやり取りの反応を良くすること
「そうだね」「分かるよ」「すごいね」など、肯定的な言葉を、意識して発するべき。どんな人間でも、自分を認めてもらえるのは嬉しいこと。冷え切った心を氷解したければ、ひとつひとつの会話や言葉で溶かしていくしかない。

仮面夫婦の当事者は、自分よりも相手が悪いと思っていることが多いそう。しかし、まずは相手を責めず、自分から変わろうとしてみるのが、仮面夫婦脱却の第一歩のようだ。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト