子の同級生の親とのつながり、どこまで?

年に1回が最多!ママたちのホムパ開催事情

2015.06.24 WED


子どもの同級生の親同士でおでかけする場合、子どもが騒いでしまわないかなど(もちろん大人も!)、周りの目が気になること、気を遣うことは多々ある。

そんななか、ママたちがいちばん安心だと感じるのは、子どもがのびのび自由に遊べて、大人もくつろげるホームパーティーだ。

ママテナ読者に「ホームパーティーを開いたことがある」かどうかを聞いたところ、33.9%の人が経験アリだった。(調査概要 調査実施時期:2015年5月27日~2015年6月1日 調査対象者:全国の20~49歳までの既婚・子どもがいる女性 調査方法:インターネットによる独自調査 有効回答数:218)

では、みんなどのくらいの頻度でホームパーティーを開いているのだろうか? 

Q. 同級生家族とのホームパーティーはどのくらいの頻度で行っていますか。(単一回答)

1位 年に1回程度(29.4%)
2位 半年に1回程度(27.3%)
3位 1年に1回以下(18.9%)
4位 2~3カ月に1回程度(14.9%)
5位 1カ月に1回程度(9.5%)

ホームパーティーは、半年~1年に1度程度の人が過半数。準備の手間などがあるせいか、頻繁に行っている人はあまり多くないみたい。

また、「子どもの同級生の家族とホームパーティーをした感想としては、「楽しめた」が78.4%、「楽しめなかった」は5.4%、「どちらとも言えない」が16.2%という結果に。

「楽しめなかった」「どちらとも言えない」と回答した人の理由には「気を使うので疲れた」(30代)、「緊張してしまい、うまくしゃべれず疲れた」(40代)といった声が多数だった。

なかには、「料理が苦手なのに、手作りを持ち寄るように強要されたから」(30代)、「開催場所はいつもわが家で、友だち夫婦は子どもたちを見ずに、飲んで昔の話ばかり」(30代)、「家のなかをじろじろ見られたり、『家』ということもあるのか、私生活を根掘り葉掘り聞かれて精神的に疲れたことがある…」(30代)なんて意見も見られた。

自分の友達や同僚との集まりとは違い、どうしても気遣い・気疲れは多い、子どもの同級生の家族とのホームパーティー。楽しい面ももちろんあるけど、何より子ども連れにとって安心であることから、「子どものため」に開いているケースが多いようだ。
(田幸和歌子+ノオト)

記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト