20~30代の男性200人が選んだ1位は…?

クソ暑い日に食べたくなる物TOP10

2015.07.08 WED


暑さをしのぐには、熱さをぶつけるか、冷たさで打ち消すか…。あなたの好みはどっち? 画像:xiangtao/PIXTA
暑さが本格化するこれからの時期、気温の上昇と反比例するかのように食欲が下がっていくという人も多いでしょう。しかし、そんな暑いときこそ、無性に食べたくなるものってありますよね。

そこで、20~30代の社会人男性200人にアンケート。夏の暑い日に無性に食べたくなるメニューを調査してみました。

〈夏の暑い日に無性に食べたくなるメニューTOP10〉
(3位まで回答。1位を3pt、2位を2pt、3位を1ptで集計。協力/アイ・リサーチ)

1位 うなぎ 230pt
2位 カレー 155pt
3位 ラーメン 112pt
4位 そば・うどん(※)111pt
5位 冷やし中華 100pt
6位 焼肉・ステーキ 69pt
7位 そうめん・ひやむぎ 68pt
8位 寿司 54pt
9位 冷やしラーメン 51pt
10位 冷麺 41pt

(※)もり、せいろなど冷たいメニュー全て

夏になると目につく「冷たいメニュー」でも「さっぱり系」でもない、味の濃い熱々メニューが上位3位までを独占。さらに焼肉・ステーキも6位に食い込むなど、暑いときこそガッツリ・コッテリしたメニューが食べたくなるようです。

以下、それぞれのメニューを支持した人から寄せられたコメント理由を紹介しましょう。

【1位 うなぎ】
「ご飯との相性がよく、暑く疲れたときの栄養にいいと思っているから」(37歳)
「めったに食べられないので」(24歳)
「丑の日があるから」(27歳)
「理由はありません。夏バテにはうなぎ。それだけです」(35歳)
「スタミナがつきそう」(25歳)
「夏に食べるものだから」(23歳)

【2位 カレー】
「刺激があってご飯が進むから」(36歳)
「暑いときこそ辛い物がよさそうだから」(39歳)
「辛い物を食べて汗を流して涼しくなりたいから」(36歳)

【3位 ラーメン】
「暑いときに熱いラーメンを食べるのが、気合いと根性が必要で、無性に美味しく感じるから」(39歳)
「夏だけでなく通年で食べたいから」(35歳)
「汗をかいてでも食べたいから」(27歳)

【4位 そば・うどん(もり、せいろなど冷たいメニュー全て)】
「のどごしとその清涼感、そばの風味が良い」(39歳)
「体が冷えるから」(36歳)
「あっさりしていて食べやすい」(37歳)

【5位 冷やし中華】
「夏しか食べられないので」(32歳)
「夏バテで食欲がなくなると、逆に食べたくなる不思議な料理。酸味のある麺類だから、刺激とのどごしを両立している」(32歳)
「さっぱりツルツル食べられるから」(32歳)

【6位 焼肉・ステーキ】
「スタミナをつけたくなるのでガッツリ肉が食べられる物がいい」(27歳)

【7位 そうめん・ひやむぎ】
「暑くて食欲が無くても食べられるから」(36歳)

【8位 寿司】
「さっぱりしていて酢飯も食べやすい」(37歳)

【9位 冷やしラーメン】
「この時季食べるのが一番美味しいから」(30歳)

【10位 冷麺】
「冷たく冷えた麺が食べたくなる」(33歳)

うなぎ=スタミナ=夏バテ防止。実際に栄養価も高いわけですが、むしろこの刷り込まれたイメージによって、夏になると自動的に胃が反応する…そんな存在なのかもしれません。冷たいものを食べ過ぎると消化器の働きが悪くなり、それが夏バテにつながるといわれています。暑いときに熱い物を食べるのはある意味で“正解”なのかもしれませんね。
(のび@びた)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト