女心がわかる!? ホンネの恋愛事情

お金を貯めたい!毎月の理想の貯蓄額は?

2015.07.13 MON


どのくらい貯蓄できてる? 画像提供/セキララ★ゼクシィ
結婚資金やその後の将来を見据えて、貯蓄をしようと思っている人も多いはず。でも、頭では分かっていても、なかなか計画的に貯められないものですよね。

そこで今回は、皆さんの貯蓄事情について調査するとともに、理想の貯蓄額やオススメの貯蓄法についてお金のプロに教えてもらいました!

■イマドキ貯蓄事情…貯蓄額50万円未満が最多

まずは、20~30代女性の貯蓄事情から!「現在の貯蓄額」を聞いてみたところ、「50万円未満」(18%)が最も多い結果に。月々の貯蓄額もあわせて聞いてみたところ、最も多かったのが「貯蓄はしているが、金額は決めていない」とのご意見。確かにちゃんと金額を決めていない状態では、なかなか貯蓄も増えませんよね。

そこで、ファイナンシャルプランナーの武田明日香さんに、貯蓄できない人はどうすれば貯められるようになるのかを伺いました! 

■貯蓄はダイエットと同じ。目標は“高過ぎず、低過ぎず”が◎

「貯蓄はダイエットと同じで、具体的な目標金額があるから頑張れるもの。だからといって目標が高過ぎると、長続きしなくなってしまいます。これまで全く貯蓄できていなかった人が『◯◯万円貯めるぞ!』といきなり意気込むと、ダイエットの目標と同じですぐに挫折してしまいます。しっかり貯蓄を続けるためには、“高過ぎず、低過ぎず”な目標を立てることをオススメします」

なるほど、計画的に貯蓄をするためにはしっかりとした目標設定が大切なんですね。でも、目標をどれくらいの金額に設定すればいいのかがよく分からないかも…。月収の何割を貯蓄に回すのが理想的なのでしょうか?

■手取り月収の2割を貯蓄すると◎

「一つの目安として、手取り月収の2割を目標に貯蓄額を考えてみるのがいいですね。例えば手取りが20万円の人であれば4万円、24万円の人であれば5万円という具合に。手取り月収の2割を5年間貯蓄し続けると、年収分を貯められることになります。お金がなかなか貯まらないことに悩んでいるなら、まずはそれを目標に頑張ってみるといいかもしれませんね」

■貯められない人には、“先取り貯蓄”がオススメ

ちなみに、貯蓄できない人にオススメの貯蓄法ってありますか?

「貯められない人には、“先取り貯蓄”がオススメです。“先取り貯蓄”とは、支出した後の余ったお金を貯蓄に回すのではなく、お給料が入ったら先に貯蓄分を取り分けてしまう方法です。先に貯蓄を取り分け、残りのお金の範囲で生活することで確実に貯蓄できます。とはいえ、毎月お給料日にお金を引き出し、別口座に入れる…という作業はなかなか面倒ですよね。そこで、オススメしたいのが財形貯蓄や積立定期預金。これらは手続きすれば毎月の給料日に指定した額を口座から自動的に引いて積み立てをしてくれるので、面倒な手間がかかりません。ぜひ利用してくださいね」

なかなか貯蓄できないという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!


【取材協力】
ファイナンシャルプランナー 武田明日香さん
株式会社エフピーウーマン所属。法人営業の仕事をしながら資格を取得し、ファイナンシャルプランナーに転身。各メディアで活躍するほか、マネー初心者向けの無料講座も開催中。


【データ出典】
ゼクシィユーザーアンケート
調査期間:2015/6/5~6/15
有効回答数:118人(女性)


記事提供/『セキララ★ゼクシィ』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト