米ベイラー大の心理学者の調査で判明!

買い物好き女子=「H好き」の法則

2015.07.16 THU


Syda Productions / PIXTA(ピクスタ)
男女の出会いのきっかけにも様々あるけれど、やはりアプローチは男の方からするのが一般的。職場の気になる女性に、「今度お食事でもどうですか」と気軽にいえたり、合コンで出会った女性に「次は2人で会ってください」などとはっきり伝えられたりする男は、やはり恋愛に強いもの。

しかし、男は女性が思っているほど強気じゃないのもまた事実。たまには男らしく気になる相手をデートに誘い出したいところだが、誰も彼も皆、ガードが固そうで怯んでしまう…。心理学者の内藤誼人先生に相談してみよう。

「たしかに恋愛に慎重な女性は多いでしょうけど、見た目から受ける印象と、実際のハードルの高さは別問題ですよ。恋愛に積極的な女性を見抜くポイントを教えしましょうか。それは、買い物好きであるかどうか、です」

内藤先生いわく、ショッピングが趣味だという女性なら、気軽にデートに応じてくれる可能性が高いのだという。なぜか?

「買い物の傾向と性や恋愛に対する姿勢には相関関係がある、そんなデータを米ベイラー大学の心理学者ジェームズ・ロバーツ氏が発表しています。ロバーツ氏は12~19歳の男女を対象に、買い物依存の度合いを調べる心理テストと、性に対する積極性を調べる心理テストを実施しました。その結果、物欲を制御できない人ほど、性に対しておおらかであり、気軽にセックスに及ぶ傾向が判明したそうです」

つまり、これは自制心の問題なのだと内藤先生は分析する。

「まあこれは極端な例ですが、ひとつの目安として、休日の過ごし方にショッピングを挙げる女性や、見るからに洋服やアクセサリーが頻繁に入れ替わる女性は、恋愛にも積極的と考えられるのではないでしょうか」

いきなりデートに誘うことは難しくても、さりげなく買い物の傾向を探ることはできそうだ。踏み切るひとつのきっかけとして、参考にしてみては?
(友清 哲)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト