コンプレックスを、楽しもう

美しく魅せる!夏の脚長テクニック

2015.07.14 TUE


夏なると露出度が高くなり、肌魅せや足魅せファッションを楽しむ女性が増えてきます。最近は太ももの付け根ギリギリの短めのボトムスが流行しているので、今回は足をいかに美しく長く魅せられるのかという点を考えていきましょう。

生まれ持った足の長さを変えることはできませんが、足を長く見せるテクニックを使うことは誰でもできます。足が短い…なんて思わせない、みんなを魅了する“脚長美脚”を手に入れましょう!

●脚長の秘訣は“トップス”
自分の足を少しでも長く見せたいと思っていると、つい自分の足ばかりが気になってしまいます。そして、最初は足の長さだけを気にしていたという人が足の太さまで気になるようになってくるという負のスパイラルに陥ってしまうのです。

しかし、実は脚長効果を演出してくれる最高のアイテムは“トップス”なのです! たとえば、ウエストラインを見せるくらいの短めのトップスと足が露わになるホットパンツを合わせることで、股下がすごく長く見えます。比較的丈の短いトップスを着て、足の付け根から足首まで思い切って出してみると、美脚&脚長効果が高まるのです。長めのトップスを選ぶ時は、足の中で一番太い「太もも」まで隠してくれる丈にしましょう。たとえば、太ももまでの長さのロングカーディガンと、ミニスカートなどを合わせることで、脚が細く見えます。

●“ヒール”は究極の脚長アイテム
夏になるとさまざまなタイプのサンダルやミュールが出回りますが、ヒールのないペタンコサンダルはかかとが地面についた状態なので、足の筋肉が垂れ下がり脚長効果は半減してしまいます。脚長効果があるのはヒールが7cm以上ある靴。これくらいの高さがあると、ふくらはぎの筋肉が持ち上がって脚のラインがキレイに出て、脚がスラリと長く見えます。ヒールは究極の脚長アイテムなので、スタイルアップのために積極的にファッションに取りいれていきましょう。

スキニージーンズ、ホットパンツ、ミニスカートなど脚のラインが出やすいコーディネートにする時は、ヒールを履いて全体を引き締めてください。ヒールに慣れていないと多少の歩きにくさはあるかもしれませんが、何度か履いているうちに誰でも慣れてきます。サイズのあった素材のいい靴を選ぶことで、歩きにくさも軽減されます。

●“アンクレット”で美脚&脚長に
脚の中で一番細い部分である足首に、アンクレット(足に付けるアクセサリーのこと)をつけるだけで、スラリと美脚の効果がでます。脚の一番細い部分に視線が行くことで太い部分から目をそらすことができます。アクセサリーで脚長に魅せるのは、もっとも簡単で手軽にできるテクニックです。

同様に、足首にワンポイントがついたストッキングなどもオススメです。脚の太さはエクササイズやマッサージなどで変えられますが、脚の長さはなかなか変えられないもの。でも、見た目だけならちょっとした工夫でよくすることができるのです。

いろいろなアイテムを上手に使って、スッキリ脚長な夏を楽しんでくださいね。
(enJOY Complex編集部)


記事提供/『エンジョイコンプレックス』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト