20~30代の独身男性200人から寄せられた嘆きの声

納得できないフラれる理由1位は?

2015.07.17 FRI

世論調査


女性の「アナタのために別れたいの」という理由には、“腑に落ちない”を通り越して、“怒り”すら感じる男性が多い模様… 画像提供:KAORU/PIXTA(ピクスタ)
「立つ鳥跡を濁さず」――とはいかないのが恋の終わり。後味の悪い別れ方をしたせいで、素敵な恋が苦い思い出に…なんて、よくある話だ。フラれる側にとっては、常に「不本意な結果」だけど、それでも「納得しやすいフラれ方」と「納得できないフラれ方」がある。とりわけ「納得できない!」のはどんな理由でフラれた時だろう? 20~30代の独身男性会社員200人にアンケート調査を行った。(協力/アイ・リサーチ)

〈納得できない別れの理由TOP10〉
(※全12の選択肢から上位3位まで回答。1位は3pt、2位は2pt、3位は1ptとして集計)

1位 「他に好きな人ができた」 184pt
2位 「(あなたのことは)嫌いじゃないけど、一人になりたい」 171pt
3位 「もっとあなたを幸せにできる人(や似合う人)がいると思う」 139pt
4位 「(あなたのことは)嫌いじゃないけど、結婚は考えられない」 109pt
5位 「本当は(あなたのことを)好きじゃなかった」 108pt
6位 「もともと付き合っているつもりはなかった」 101pt
7位 「価値観が合わない」(具体的なことは告げないまま) 95pt
8位 「(あなたは)本当は私のことなんて好きじゃない」 81pt
9位 「あなたみたいないい人(とか誠実な人)は、私にはもったいない」 78pt
10位 「体調が悪くなった」 51pt

※番外
11位 転勤や留学など 38pt
12位 仕事や勉強など何かの活動に「集中したい・忙しくなる」 36pt

関係を一刀両断する身もふたもない理由が1位になる一方、相手を傷つけないよう“配慮”した理由が多数。相手への優しさ…と見せかけて、実は自分が「悪者」になりたくないだけ…という本音が透けて見える。
以下、回答者から実体験も交えて寄せられた怒りと嘆きの声を紹介しよう。

【1位 他に好きな人ができた】
「今までなんのために過ごしてきたのかわからなくなるので」(30歳)
「長い付き合いの友人に勝てなかった」(26歳)
「今まで誰を見ていたの!?と怒りしか出ない」(25歳)
「実際にはそうでなく自分に気がなかったということととらえる」(30歳)

【2位 「(あなたのことは)嫌いじゃないけど、一人になりたい」】
「別に別れなくても一人の時間を作ればいいと思う」(39歳)
「(自分に)そんなに魅力がないのかと思ってしまう。事実そうかもしれないが…」(33歳)
「回りくどく別れを告げているから 実際は他に理由はあるはずなのにはっきり言うべきであるから」(26歳)
「そういうときは他に好きな人ができたんだと思う」(27歳)

【3位 「もっとあなたを幸せにできる人(や似合う人)がいると思う」】
「漠然としているし、実在しない他者に責任を押し付けている」(34歳)
「自分が好きで選んだ相手から、そう言われたら矛盾している気がして納得できない」(25歳)
「遠回しに断ろうとしているところが気に入らない。自分を美化しようとしているのがよくわかるから」(30歳)
「何を基準でいってるのかわからない。ただの綺麗事で他に理由があるはず」(30歳)

【4位 「(あなたのことは)嫌いじゃないけど、結婚は考えられない」】
「何のために付き合ってるのかわからないから」(29歳)

【5位 「本当は(あなたのことを)好きじゃなかった」】
「今までの時間が無駄に思えるから」(38歳)
「それなら何故付き合ったのか分からないから」(37歳)
「最初から言ってくれ」(35歳)
「暇つぶしか」(37歳)

【6位 「もともと付き合っているつもりはなかった」】
「傍から見ればどう見ても付き合っている状態を続けておいてこの言い草は、いくらなんでも身勝手で虫がよすぎるから」(29歳)
「付き合っている期間を全否定するわけで最低の言葉。人としてこういう発言できることが理解できない」(38歳)
「手玉にとられているようで悔しいから」(35歳)

【7位 「価値観が合わない」(具体的なことは告げないまま)】
「ただ何となくなんて絶対にないので、本当の理由は聞いておきたいから」(33歳)

【8位 「(あなたは)本当は私のことなんて好きじゃない」
「自分は好きなのにその気持ちを否定されるのは明らかにおかしいから」(28歳)

【9位 「あなたみたいないい人(とか誠実な人)は、私にはもったいない」】
「別れる理由を自分ではなく他人のせいにしているから。自分は傷つきたくない最低の理由だと思う」(36歳)
「そう思うならなんで別れようとするのかわからない」(32歳)

【10位 体調が悪くなった】
「良くなるまで少し、会えなくなるくらいでいいのに、別れる理由には思えない」(30歳)

もっとも、どんな理由を告げられたところで、フラれる側が心底“納得”できることはめったにないだろう。好き嫌いは理屈じゃ割り切れないもの。残念ながらフラれてしまった場合には、過去を引きずるより、新たな恋に目を向けた方がいいのだろう…。
(二祥 翼)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト