懐かしくも新しい8ビットなゲーム動画がスゴい

高橋名人も登場?話題の懐ゲー動画

2015.07.22 WED

https://www.youtube.com/watch?v=b34FcaofwWs

4人のトップアスリートが繰り出す、手に汗握るアクションに、「あー、わかる!」と思ってしまうかつてのゲーマーは多いのでは?
「目隠しをして●●をプレイしてみた」や「【実況】●●のラスボス攻略法」など、ゲームのプレイ動画は、動画サイトの人気ジャンルのひとつ。ゲームに慣れ親しんだ世代としては、他人のプレイを見ているだけでも楽しいが、なんといっても懐かしいのは、ファミコンを主とする8ビットのゲーム。最近はスマホアプリでも、あえて8ビットテイストのゲームが登場するなど、リバイバルの兆しもある。そんなレトロな世界を余すことなく再現した、新感覚のネット動画をご存じだろうか?

その動画とは、森永製菓ICEBOX(アイスボックス)が制作した、8ビットテイストのゲームムービー。ドットで描かれた懐かしの横スクロールのアクションゲームを舞台に、実写の主人公が動き回る内容。主人公が途中に出てくる敵を踏みつけてやっつけたり、アイテム「ICEBOX」をとりパワーアップしたりするなど、実写でありながら、かつて熱中したゲームそのままの動きが実に新鮮。また、作風に合わせた、古き良き8ビット時代を彷彿とさせるピコピコ音が、少年時代にタイムスリップさせてくれる。

…と、すっかり目と心を奪われてしまうのだが、冷静に考えると、ちょこまか動くアクションゲームの主人公の動作を再現するのは難しいはず。動画でいとも簡単に、次々とアクションをこなすこの人はいったい…? じつは、この主人公を演じているのは1人だけじゃないらしい。ゲームが進むにつれて、次々と繰り出される技は、それぞれを担当する一流アスリートたちのパフォーマンスを実写で撮影した映像に、後からCGを書き込んで作られたそうだ。

たとえば、ゲーム冒頭に登場するのは、パルクールパフォーマーのZEN氏。パルクールとは、建物を登ったり屋根から飛び降りたりと、自分の体ひとつでアクロバティックな動きをするスポーツの一種。プロとして、テレビCMやハリウッド映画のトレーラーにも出演し、世界を股にかけて活躍するパルクールの第一人者とあって、その動きは目を見張るものがある。

ほかにも、空から降ってくる「ICEBOX」をゲットして、BMXを操れるようにパワーアップしたかと思えば、今度は敵の攻撃を受けて一輪車にパワーダウンするなど、アクションゲームのセオリーを踏まえた演出が実に素晴らしいのだ。ゲーム終盤の巨大な鉄の輪を用いたラート(体操競技の一種)で挑むラスボスとの戦いは必見。

ファミコン世代なら思わずニヤリとさせられる既視感のあるゲーム動画だが、それもそのはず、ゲーム部分のアドバイザーは、ファミコン全盛期にその名をとどろかせた、あの高橋名人なのだとか! 動画のラストには隠れキャラとして出演もしており、ZEN氏に負けないジャンプを披露(?)している点にも注目だ。まずは動画をチェックして、少年時代のあの日にプレイバック!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト