コンプレックスを、楽しもう

加齢臭を防ぐための3つのポイント

2015.07.24 FRI


一見すると、若々しくてかっこいい男性なんだけど、近づくと…あれ? なんだかクサイ! そんな経験はありませんか? 年齢を重ねると、どうしても気になってしまう加齢臭。男性に多いと思われがちですが、実は女性でも加齢臭は発生します。
「あの人見た目はキレイだけど、近づくとちょっとね…」なんて言われたくはないですよね。そこで今回は、加齢臭のメカニズムを知るとともに、日常生活のくさいニオイの発生を防ぐポイントについてご紹介します。

「加齢臭」という言葉を耳にすることは少なくありませんが、その加齢臭の原因が一体何なのか、ご存じの方は少ないのではないでしょうか。加齢臭の原因には、ノネナールという物質が関係していることがわかっています。ノネナールは不飽和アルデヒドと呼ばれる有機化合物の一つ。これは、9-ヘキサデセン酸という物質が酸化することによって生成されます。この9-ヘキサデセン酸という物質は、男性だと40歳以降、女性だと閉経以降、皮脂腺から分泌されるようになります。これがいわゆる「加齢臭」のもとです。

しかし、なかには40代よりも若い方からもにおう! という方もいらっしゃるかもしれません。確かに若い方でも、「あれ? もしかして…」なんて思うことがありますよね。実は40代以前の方から発生するのは、このノネナールとは別の、ペラルゴン酸またはジアセチルという物質であり、厳密には「加齢臭」とは別のものと定義されています。

また、加齢臭とは別に、口臭が気になるという方もいらっしゃいますよね。加齢臭だけでなく、こうしたニオイに対して、いかに臭わない対策を取るかが、若々しくいるための秘訣だといえそうです。では、加齢臭を始めとしたこうしたニオイには、どのような対策が必要なのでしょうか。

1.歯磨きをしっかり!
自分では気づかなくても、意外と相手にとって気になるのが口臭。マスクをした時に「くさい!」と、改めて自分の口臭に気づいた、苦い経験をお持ちの方もいらっしゃるのでは。口臭対策は、なんといってもしっかりとした歯磨きが大切です。最近では歯周病なども口臭の原因の一つになっています。歯茎をマッサージするように、力を入れずに時間を掛けて丁寧に磨くこと。これが歯周病を予防する歯磨きのポイントです。急いで済ませず、毎日しっかり歯磨きを行うことが、若々しさにつながるのです。

2.タバコを控える
タバコは「ニオイ」という意味では大敵ともいえるものの一つ。タバコに含まれる一酸化炭素によって、加齢臭の原因となるノネナールが生成されることがわかっています。また、タバコ自体のニオイが、服や髪などに染み付いてしまった結果、周りから「なんだかあの人くさいな…」なんて思われてしまうことも少なくありません。愛煙家には辛い事実ですが、健康だけでなく若々しさを保つという意味でも、禁煙にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

3.適度な運動と、栄養バランスのとれた食生活
前述したとおり、加齢臭の原因は9-ヘキサデセン酸が酸化してノネナールを生成することが原因の一つとなっています。つまり、体が酸化しやすいと、ニオイの物質であるノネナールが発生しやすくなってしまうというわけです。酸化しにくい体を作るためには、日頃から適度な運動と栄養バランスのとれた食生活を心がけ、体の内側から美しくあることが大切です。タバコ同様、ご自身の健康のためにも、ぜひ毎日の生活に取り入れてみてください。

見た目だけでなく、素敵でさわやかな大人を目指すためには、普段からこうした点に注意しておくことが大切です。これまでさまざまなニオイに悩まされてきた方は、是非参考にしてみてください。
(enJOY Complex編集部)


記事提供/『エンジョイコンプレックス』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト