今日の注目を紹介! ママニュースアンテナ

浮気の兆候? 夫のアヤシイ行動TOP10

2015.08.12 WED


平和な家庭に不和をもたらす、パートナーの不貞行為。夫にいつもと違う「不審な行動」が見られたら、それは浮気のサインかもしれない。

そこで、子どもがいる既婚女性100名にインターネット独自調査を実施。思わず浮気を疑った「夫のアヤシイ行動」について聞いてみた。

●7割以上の妻が夫に「浮気疑惑」をかけている
まずは過去に「夫の浮気を暴いた」あるいは「浮気を疑った」経験があるかを聞くと、「浮気を疑った」(42.4%)、「浮気を暴いた」(31.3%)の合計は73.3%。大半が夫の浮気に鋭く目を光らせていることが明らかになった。

そこで、浮気を暴いた経験がある、浮気を疑った経験がある人に、疑惑を抱くきっかけになった「夫の行動」について質問。以下の結果が得られた。

【浮気を疑った夫の行動TOP10】(複数回答)
1位 携帯電話にロックをかけるようになった(45.2%%)
2位 トイレや浴室にも携帯電話を持ち込むようになった(43.8%)
3位 夜の営みが減った(34.2%)
4位 残業が増え、帰宅が遅くなった(32.9%)
5位 態度が冷たくなった(20.5%)
5位 身だしなみに気を遣うようになった(20.5%)
7位 休日の家族サービスが減った(16.4%)
8位 家族に対して無関心になった(15.1%)
8位 夕食を残したり、食べないことが増えた(15.1%)
10位 結婚指輪をしなくなった(11.0%)

どれも怪しさ満点の行動だが、特に容疑がかかりやすいのは携帯電話。実際に「携帯のメールを見た」(30代)、「怪しいメールが来ていた」(30代)など、携帯電話に残された証拠から浮気を暴いたという声は多かった。

●夫の浮気が発覚した時の対処法。「何もしない」も15%
ちなみに、夫の浮気が発覚した場合の対処方法についても聞いてみたところ、最も多かったのは「問答無用で離婚を要求する」(23.1%)。次いで「いったん距離を置くなどして様子をみる」(22.1%)となり、妻の厳しい姿勢がうかがえる。

だが、一方で「夫に関心がないので何もしない」という回答も15.4%に上った。責めを負うこともなく、ただ家庭内で窮屈な立場を強いられる夫。ある意味、最も重い罰なのかもしれない。

いずれにせよ、浮気は許されざる裏切り行為。このランキングが、不貞夫を取り締まる参考になれば幸いである。
(榎並紀行/やじろべえ)

記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト