プールでつい他人のモノが気になってしまう…という男心

20代男4割 アレのサイズに劣等感

2015.08.05 WED


あのTENGAを販売する株式会社典雅の調査によると、日本人の平均サイズは13.56mmとのこと。たかが平均、されど平均… 画像:瓜帽子/PIXTA
海やプールで水着姿になる季節。体のラインが気になってしまうのは女性ばかりじゃありません。貧弱ボディだと、マッチョな男にコンプレックスを感じてしまったり…。しかも見比べてしまうのは上半身のみならず! 大きな声では言えないけど、アレのサイズが気になってしまう…という人も。アレのサイズに「多少なりともコンプレックスを感じたことがある」という男性は少なくないもの。そこで20代の男性社会人200人に調査した結果はこちら!(協力:アイ・リサーチ)

Q1〈アレのサイズにコンプレックスを感じたことはある?〉
「感じたことがある」派 45.5%
「感じたことはない」派 54.5%

Q2〈現在もコンプレックスを感じている?〉
※Q1で「感じたことがある」と答えた人に調査
「感じている」派 83.5%
「感じていない」派 16.5%

なんと5割近くがコンプレックスを感じたことがあり、そのうち8割超が現在も継続中。つまるところ、20代男性の約4割が現在もコンプレックスを感じていることが判明。

コンプレックスがあるということは、やっぱり「他人のモノ」も気になっているのでしょうか? そこで今回の調査対象者200人に「プールや温泉に入る際に、他人の局部の大きさなどが気になってしまったことがあるか?」という調査をしたところ…。

Q3〈他人の局部の大きさが気になったことはある?〉
「気になったことがある」派 45.0%
「気になったことはない」派 55.0%

Q1とほぼ同様の結果に。やはり「コンプレックスを感じたことがある」人は、他人のモノが気になってしまうようです。実際、コンプレックス経験の有無によって、こんな違いが…。

●「アレのサイズにコンプレックスを感じたことがある」91人
→「他人のサイズが気になったことがある」71人(78%)
→「他人のサイズが気になったことはない」20人(22%)

●「アレのサイズにコンプレックスを感じたことはない」109人
→「他人のサイズが気になったことがある」18人(17%)
→「他人のサイズが気になったことはない」91人(83%)
※小数点以下、切り捨て

コンプレックスがあっても、別に他人のモノは気にならない。または、コンプレックスはないけれど、他人のサイズが気になる。そうした人も少数いるものの、やはりコンプレックスの有無は、他人のモノへの視線に大きく影響している様子。見たくもないのに、つい見てしまう。複雑な男ゴコロを垣間見た気が…。
(のび@びた)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト