「花嫁のパパ」の本音はやはり複雑だけど…あなたはどう?

娘の「同棲」「デキ婚」OK半数超え

2015.08.06 THU

世論調査


幼いころは「パパと結婚する」なんて言っていた娘も成長するにつれ…(涙)。娘を持つパパたちには考えさせられるアンケートとなったはず
昔にくらべ、「同棲」や「できちゃった婚」に対する世間の目はだいぶ寛容になってきた。実際にそうしたプロセスを経て結婚した読者も少なくないだろう。しかし…これがもし「自分の娘」ならどうだろう? パパだったら、やはりショックを受け「許せない!」と思ってしまうのだろうか? そこで、20歳未満の娘がいる20~30代のパパ200人に娘の「同棲」と「デキ婚」について尋ねてみた(協力/アイリサーチ)。

1  〈将来、社会人になった娘から「彼氏と同棲したい」と相談をされたら許せる?〉
・「許せる」派 63%
・「許せない」派 37%

ほぼ3人に2人が「許せる」派という意外に寛容な考えが明らかになった。それぞれの立場のパパから寄せられた意見は以下の通り。

●「許せる」派の意見
「社会人になったら個人の自由」(29歳)
「その娘の人生だから意思を尊重すると思う」(35歳)
「子供の人生に過剰に関与しないようにしているので」(30歳)
「年齢や、彼氏の人柄にもよるが、きちんとした相手なら許す」(39歳)
「娘が選んだ人だから」(36歳)
「早く結婚して幸せになってほしいから」(28歳)
「結婚で失敗するよりその前に一度お試しで共同生活をしてみるのも良いと思う」(38歳)
「彼氏との同棲は結婚を考える上で必要なことだと思うので」(27歳)
「よく相手のことを知るために同棲は良いとおもうから」(37歳)
「状況にもよるが結婚を前提に考えているのであればよいと思います」(38歳)
「大人の女性として、自分の責任で生きてほしい」(35歳)

●「許せない」派の意見
「結婚するまで、同棲はケジメとしてだめです」(36歳)
「結婚するまでは家にいてほしい」(36歳)
「正式に婚約してからにしてほしい」(39歳)
「年齢にもよるけれど基本的にはダメ」(39歳)
「結婚するつもりでない場合は許さないと思う」(36歳)
「将来の保障も計画も無く、人生の無駄遣いだから」(38歳)
「同棲するくらいなら結婚しろという」(32歳)
「婚約などが前提です」(39歳)

「同棲OK」派のパパたちからは、「娘の選択を信じる」という声のほか、「自分もしてたから」(30歳)など、経験に基づく声も寄せられた。一方、「同棲NG」派は、「結婚前はダメ」という旧来型の意見が多くを占めたが、一部「とられたくない」(38歳)という本音も。

では、もう一段レベルアップ(?)し、娘から「デキちゃった結婚」を告げられたら、パパたちはどう思うのか? 素直に祝福できる自信はあるだろうか?

2 〈娘の「デキ婚」祝福できる?〉
・「祝福できる」派 54%
・「祝福できない」派 46%

「容認派(=祝福できる)」は「同棲」よりだいぶ減り、辛うじて半数超え。今回調査した20~30代は、テレビドラマで『できちゃった結婚』(2001年)が放送されるなど、デキ婚が浸透した後に結婚を決めている人が多い世代。それでもパパたちの心境は複雑な様子。となれば、今の40~50代のパパたちの価値観は推して知るべし…。独身男性のみなさん、将来の「花嫁のパパ」はまだまだ保守的かも?
(小笠原敦)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト