駅で、自販機で…日常の“小さな不幸”あるある1位は?

「ツイてないな」と思う瞬間TOP10

2015.08.23 SUN

世論調査


電車の扉がギリギリで閉まった時は、徒労感がハンパではない。しかも、電車内の人と扉越しに目が合ったりしたら最悪…。ただ駆け込み乗車はNGですよ! 写真提供:bee / PIXTA(ピクスタ)
うまくいかないことも多い毎日。ただでさえ仕事や人付き合いでストレスがたまりがちなのに、追い討ちをかけるように「ツキのない出来事」に見舞われ、イラッとすることがある。そんな日常の「ツイてない瞬間」について、20~30代の男性会社員200人にアンケート調査を行った。

■「ツイてないな」と思う瞬間TOP10
(18個の選択肢から1~3位まで選んでもらい、1位を3pt、2位を2pt、3位を1ptとして集計。協力/アイリサーチ)

1位 通勤電車にギリギリで乗り遅れた 288pt
2位 雨が降ってきたので傘を買ったら、すぐに雨があがった 105pt
3位 エレベーターにギリギリで乗り遅れた 99pt
4位 髪を切ったら、変になった(された) 97pt
5位 自動ドアが反応せず、開かない 82pt
6位 とっておいた冷蔵庫の食品が消費期限切れ 69pt
7位 天気予報を信じて傘を持っていったら晴れた 67pt
8位 冷たいジュースを飲みたくて自販機で買ったら、冷えていなかった 62pt
9位 お菓子などの袋を開けようとしたら、キレイに開かず中身が弾け飛んだ 61pt
10位 ポテトチップスやカップラーメンの新味を買ったら美味しくなかった 56pt

※番外
11位 自販機でジュースを買おうと思ったら万札(または五千円札)しか財布になかった 55pt
12位 自販機で千円札を入れたら、お釣りが百円玉と十円玉ばかりで財布がパンパンになった 46pt
13位 ライターの火がつかない(油切れ) 39pt
14位 電子レンジでチンして食べたら、加熱ムラで美味しくなかった 25pt
15位 商談中などにボールペンのインクが切れた 23pt

どれも一度は経験がありそうな「ささやかだけどイラッとする出来事」ばかり…。特に、大差で1位となった「通勤電車にギリギリで乗り遅れた」は、即「遅刻」となりかねないだけに、痛手が大きい。以下、回答者から寄せられた嘆きの声と体験談も紹介しよう。

【1位 通勤電車にギリギリで乗り遅れる 288pt】
「一番ありがちだし一番悔しい」(35歳)
「急いだのに間に合わないときのショック」(34歳)
「数秒早ければ乗れていたという、そのアンラッキーさから」(35歳)
「よくあることですが、遅刻も連動することがあるので最悪だと思います」(31歳)

【2位 雨が降ってきたので傘を買ったら、すぐに雨があがった 105pt】
「お金を無駄にした感があるからいやだ」(36歳)
「これは最悪な状況。お金を払ってまで損をしているから」(39歳)
「家に帰れば傘があるのに忘れた為、有料で購入したが必要なくなる」(28歳)

【3位 エレベーターにギリギリで乗り遅れた 99pt】
「普通に歩いているのに」(38歳)
「急いでいることがほとんどなので、このロスは大きい」(27歳)
「乗り遅れるとしばらくたっても来ないためしばらく待たなければならないか、階段を使う事になるため」(28歳)

【4位 髪を切ったら、変になった(された) 97pt】
「何日もその影響を受けるため」(33歳)
「切らなければと思ったことが何回もあるから」(34歳)
「安いところで切るといつも変になる」(33歳)

【5位 自動ドアが反応せず、開かない 82pt】
「恥ずかしいから」(27歳)
「デコぶつけるやろ」(26歳)
「時間がない時にはとてもついていないと感じることがある」(39歳)

そのほか6位以下には、こんな声が寄せられた。

6位【とっておいた冷蔵庫の食品が消費期限切れ】
→「冷蔵庫の中に何があるか忘れてしまった。苦労して買った食品だとつらく感じるから」(38歳)
7位【天気予報を信じて傘を持っていったら晴れた】
→「無駄に荷物があるとムカつく」(34歳)
8位【冷たいジュースを飲みたくて自販機で買ったら、冷えていなかった】
→「ありそうで普通はないので運がないと思う」(39歳)
9位【お菓子などの袋を開けようとしたら、キレイに開かず中身が弾け飛んだ】
→「掃除も大変だし、むなしいしで何重にもダメージを受ける」(32歳)
10位【ポテトチップスやカップラーメンの新味を買ったら美味しくなかった】
→「普段あまり変わった味を冒険しない為、なおさら不味い時は…」(29歳)

ほんの些細なことだからこそ、余計にガッカリしてしまうもの。「こんなの全然気にしない!」とすぐに切り替えられればいいんですけどね…。
(がじゃまるくん)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト