夏バテ改善からストレス解消まで…薬酒Bar店長に聞く

お薦め!自家製「薬酒」レシピ3選

2015.08.27 THU


クコの実は、杏仁豆腐にのっていたり、ミックスナッツに入っていたりする赤い実だ。炭酸で割ってもいいし、ストレートやロックで飲めば、クセのない繊細な味が感じられる。 (撮影=大久保 聡)
三軒茶屋の飲み屋街、通称デルタ地帯の一角にある三軒茶屋 薬酒Barのカウンターには、怪しげなボトルがずらりと並ぶ。この店で扱うのは、特製の「薬酒」。漢方素材やハーブ類を使った漬け込み酒だ。

店長の花村奈々子さんによると、漢方薬局やネット通販などで手に入れられる素材を使えば、自宅で薬酒を漬けることもできるそう。同店で人気の薬酒のなかから、初心者向けで、かつ夏バテ気味の今の季節にお薦めのレシピを教えてもらった。

●1)クコ×ホワイトリカー
~疲れたカラダを整えるクセのない漢方酒~

【材料】クコの実…50g/ホワイトリカー…500ml/サンザシ、ナツメ…適量

【漬け込み期間】2カ月~

【レシピ】
(1)クコ(好みにより、サンザシやナツメを追加)を保存瓶に入れ、ホワイトリカーを注いで冷暗所で寝かせる。
(2)ときどき瓶を振り、2カ月経てば完成(クコを細かく刻めば短縮も可能)。

【ポイント】
「どんな割りものとも相性がよい、飲みやすい薬酒。クコは肝臓や目の疲れに効くといわれます。さらにナツメを足せば貧血予防、サンザシは胃腸のケアに」(花村)


●2)高麗人参×ウィスキー
~ガツンと元気になりたいなら高麗人参でハイボールを~

【材料】高麗人参…50g/ウィスキー…500ml

【漬け込み期間】1カ月

【レシピ】
(1)高麗人参は流水にさらして汚れを落とす。
(2)ウィスキーに漬けこんで1カ月以上寝かせる。

【ポイント】「高麗人参はスタミナのつく“万能薬”。ガツンとわかりやすい効能が期待できる薬酒です。炭酸で割ってハイボール風に飲めば、テンションがあがりますよ!」(花村)


●3)ペパーミント×ウォッカ
~夏バテした体もスッキリ。リラックスできるハーブ酒~

【材料】ペパーミント…50g/ウォッカ…500ml

【漬け込み期間】1~2週間

【レシピ】
(1)ペパーミントを入れた容器にウォッカを注いで1~2週間寝かせる。
(2)すぐに飲み切らない場合は、1カ月程度でミントの葉を取り除く。

【ポイント】「ペパーミントはリラックスやストレス解消にオススメ。炭酸で割ると、夏バテした体もスッキリします。ラベンダーをブレンドすると、女性ウケするかも」(花村)

なかにはクセの強いものもあるけれど、それはそれでハマるとうまい。むしろ、何種類か飲み比べるうちに、よりクセの強い酒をストレートやロックで飲む方がおいしく感じられてきたくらいだ。

酒は百薬の長という言葉もある。晩酌でちびちび飲むなら、こういうお酒もありかもしれない。

(取材・文=宇野浩志)

  • 高麗人参はやや苦みがあり、ザ・漢方という味わい。これがクセになる人も多いようだが、苦手な人はジンジャーエールで割ると苦みがまぎれて飲みやすくなる。
    (撮影=大久保 聡)
  • 香りの強いペパーミントは、ウォッカやジンなどの癖の強いお酒と組み合わせてもはっきりと味が出る。残暑の季節に合う爽快感のある薬酒だ。
    (撮影=大久保 聡)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト