みんなで「そば打ち」体験も!サンマ、おでん…お酒が進む

「家飲み」盛り上げアイテムBEST5

2015.08.27 THU


「そば打ち名人」
自宅に友人を招いての「家飲み」。気の置けない仲間たちと、お気に入りの酒を持ち寄って一杯やるのは愉しい一時だが、ひと工夫すればさらに盛り上がること間違いなし! そこで「家飲み」のテンションがアガる“ネタ”グッズを、20~30代の会社員200人に調査。上位3アイテムを含む5つを紹介しよう。手づくりの旨い肴で、お酒も進むはず!

●アガる度1位
お酒の〆は手打ちそば みんなで作れば、なお楽しい
「そば打ち名人」
価格:4968円/準備時間:1時間~/メーカー:タカラトミーアーツ

おもちゃ然とした見た目ながら、かなり本格的な手打ちそばが作れてしまう優れもの。本体にそば粉と水を入れ、ハンドルを回すだけで生地が完成。生地を延ばす「のし棒」や、そばの太さを調整できる「こま板」もついていて、熟練の技を要する手打ちの工程を簡単かつ手軽に体験できる。参加者全員で作れば、盛り上がること請け合いだ。

●アガる度2位
煙が出にくい高性能グリル 旬の味覚を炭火焼で!
「ロータスグリル」
価格:2万736円/準備時間:5分~/メーカー:ハーフェレジャパン

テーブルに直接置いて使える、高性能炭火焼グリル。炭への着火はわずか3分と、かなりお手軽だ。屋外専用だが煙が出にくいため、マンションのベランダなど場所を選ばずバーベキューが楽しめる。旬のサンマやマツタケなど、季節の味覚をそのままのせて焼くだけで、贅沢な日本酒のアテに。参加者に好きな食材を持ち寄ってもらって焼くのも楽しそう。

●アガる度3位
部屋が屋台に早変わり! 卓上式のミニマム仕切り鍋
「電気保温おでん鍋 田楽亭 タレ付」
価格:6300円/準備時間:10分~/メーカー:中央産業

おでんの屋台でよく見る、仕切りのついた鍋。あれのコンパクト版がコチラ。おでんや湯豆腐におすすめで、事前に調理が必要だが保温が利くため、テーブルでアツアツが食べられる。また片方の木製フタには丸い穴が開いており、タレや日本酒をほんのり温めることも可能。ぬる燗で一杯やりつつ、湯豆腐をつつく。そんな“屋台プレイ”を自宅で!

●使用後は炙って食べられる イカで作った面白徳利&盃
「するめいかの徳利 盃付き」
価格:756円/準備時間:5分~/メーカー:山戸海産

酒器にこだわるなら、笑いもとれるこの一品を。内臓を取り除いて乾燥させたスルメイカを膨らまし、徳利と盃の形にした珍アイテムだ。五島列島の荒波に揉まれた、良質のイカを使用。日本酒を入れて電子レンジで温めたのち、数分置くとイカの旨みが溶けだした極上の熱燗に。

●コンロで炙って香りも楽しむ 飛騨高山のお取り寄せグルメ
「ほうばみそセット(小)」
価格:2916円/準備時間:10分~/メーカー:糀屋柴田春次商店

朴の葉に味噌や山菜、シイタケなどをのせて焼く、飛騨高山の郷土料理・朴葉味噌。こちらは専用の自家製味噌と朴葉のほか、コンロや固形燃料までセットになっている。香ばしい味噌は、辛口の酒と好相性。朴葉と焼味噌の香ばしいにおいと小粋な肴に、日本酒党の参加者もきっと満足するはず。

価格や準備時間などを参考にしつつ、家飲みの“相棒”を手に入れたら、さっそく友人を誘ってみては?
(末吉陽子/やじろべえ)

※「アガる度」算出基準
20~30代の会社員200人(未婚男女各100人)に調査。家飲みであったら楽しそうだと思うアイテム1位と2位を選び、1位を2pt、2位を1ptとして計算しランキング。協力/アイ・リサーチ

  • 「ロータスグリル」
    (撮影=大久保聡/ガネーシャ)
  • 「電気保温おでん鍋 田楽亭 タレ付」
    (撮影=大久保聡/ガネーシャ)
  • 「するめいかの徳利 盃付き」
    (撮影=大久保聡/ガネーシャ)
  • 「ほうばみそセット(小)」
    (撮影=大久保聡/ガネーシャ)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト