お酒好きに相性が良い3つの理由

しじみ丸ごと濃いエキスがスゴい!

2015.08.31 MON


食欲の秋はお酒が美味しい季節。接待や友人との飲み会なども多いことだろう。健康維持のためにも、しじみパワーで毎日を乗り切ってみてはいかがだろう?
現存する日本最古の和歌集とされる「万葉集」にも登場している「しじみ」。昔から庶民の暮らしや健康を支えてきたお馴染みの食材だ。そういえば、我が家でも父親の帰宅が遅くなった翌日の朝食には、しじみ汁が並んでいた記憶がある。

このしじみ、いったい何がお酒好きと相性がよく、健康維持につながっているのだろう? その理由は大きく3つある。ひとつはタンパク質を構成する20種類の「アミノ酸」が豊富であること。お酒好きにうれしい栄養成分「オルニチン」もここに含まれる。2つめは、体内では作ることができない9種類の「必須アミノ酸」の配合バランスが理想的であること。アミノ酸はバランス良く摂取しないと本来のチカラを発揮できない。その配合バランスを数値化した「アミノ酸スコア」で、しじみは最高値の100なのだ。3つめは、ビタミンB12・E、亜鉛、タウリン、鉄分など、アミノ酸のほかにも体に必要な栄養素が多数配合されていることだ。

こう聞くと、毎日でもしじみ料理を食べたくなるのだが、仕事から帰ってきて調理するのも大変だし、正直、調理のレパートリーもみそ汁以外に思いつかない気もする。

そこで、注目したいのが、しじみの栄養素を濃縮した健康食品だ。なかでもよく耳にするのが「しじみ習慣」。主原料にしじみを100%使用し、濃厚なエキスになるまでぐつぐつ煮込んで、前述した栄養成分がぎゅっと凝縮されているのが特徴だ。お酒好きや健康を気遣う人に支持され、販売実績は290万箱というから驚きだ。

多くの人に選ばれる理由は、製品へのこだわり。まず、原料であるしじみに並々ならぬこだわりがある。しじみは安定的に品質の良いしじみが取れる台湾・花蓮産。三千メートルを超える山々のふもと、澄んだ天然湧水で育つ「黄金しじみ」を使用している。なんと、しじみの品質管理だけでなく、天然湧水の水質管理と定期的な水質検査も行っているという。貝類は大量の水を吸い込んで育つので水中の汚染物質が蓄積されやすい。そこで生育環境に最大限の配慮をしているのだ。

製法にもこだわりがある。採取したしじみは鮮度を損なわないよう、その日のうちに加工して濃縮エキスを抽出。そのエキスからさらに栄養成分を取り出して粉末状にしたものをペースト状にしてカプセルに詰めこんでいる。しじみの栄養を丸ごとカプセルで摂取できる「しじみ習慣」なら、毎日続けるのも簡単。そもそも貝類が苦手、なんて人にも飲みやすいのでオススメだ。

  • お酒好きやカラダを気遣う人に支持される「しじみ習慣」。まずは、約10日間分の無料サンプル(なんと、送料も無料!)で、しじみのチカラを実感してみてはいかが?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト