母乳で育つと出世確率UP? “おっぱい”を巡る噂の真相

あなたの「おっぱい年齢」は何歳?

2015.08.28 FRI


naka / PIXTA(ピクスタ)
オトコにとっては、いくつになっても興味をかきたてられる女性らしさの象徴――それが「おっぱい」というものかもしれない。飽くなき興味は古今東西変わらないようで、世界中の学者たちが様々な研究成果を発表している。なかでも興味深い6つのトピックスを紹介しよう。

■調査結果1 男性の47%は女性と出会ったらまずおっぱいを見る
ニュージーランドの首都・ウェリントンにある大学の調査によると、男性の47%はまず女性の胸に目がいくという。実験は、同じ女性が写った6枚の写真を使い、胸や腰など体の一部をデジタル加工でサイズ変化させたものを見せるというもの。被験者に取り付けた装置で眼球運動を測定したところ、約半数の男性が胸を最初に見るという結果が出た。ちなみに腰やお尻を最初に見るのは約30%、重要とも思える顔を最初に見るのは20%未満だった。

■調査結果2 おっぱいは実年齢より老化が早い!
アメリカ・カリフォルニア大学の研究チームは2013年、DNAを利用して細胞の年齢を正確に測定する技術を開発。おっぱいの組織を抽出して測定すると、実年齢よりも2~3歳早く年を取っていることが明らかに。ちなみに実験では51種類の組織を抽出しているが、女性のおっぱいは体のどの部分よりも老化が早いということも明らかになったという。

■調査結果3 おっぱいが大きいほど女性はモテる
フランス・南ブルターニュ大学のニコラ・グーギャン氏による2007年の研究成果の発表によれば、女性は、バストサイズが大きいほうがモテることが判明。実験では、ある女性に素のAカップの状態、ブラの中に詰め物を入れてBカップ、Cカップにした状態で、ナイトクラブに1時間座らせた。すると、男性が声をかけてきた回数が、Aカップでは13回、Bカップでは19回、Cカップではなんと44回という結果に。

■調査結果4 コーヒーがおっぱいを縮小させる!?
2008年、スウェーデンのランド大学教授ヘレナ・ジャンストーム博士によって発表された検証結果によると、女性269人を対象に1日に飲むコーヒーの量と胸の関係を調べたところ、ある遺伝子型を持つ女性は、1日に3杯以上コーヒーを飲むと、1日3杯未満の同じ遺伝子型を持つ女性に比べて、バストのボリュームが小さかったという。

■調査結果5 母乳で育つと出世しやすい
2013年、医学誌『小児期疾患アーカイブス』に発表されたイギリスの研究チームによる報告によれば、乳児期に母乳で育った人は、粉ミルクで育った人に比べて出世する確率が24%高く、社会的地位が下がる確率が20%減少するという。

■調査結果6 ノーブラのほうが胸が垂れない
仏のフランシュ・コンテ大学のジャン・デニス・ルイロン教授は、15年間にわたり18~35歳の女性を調査した結果、医学的&生理的&解剖学的にも、ブラジャーは必要ないと発表。ノーブラだった女性は1年間で、バストトップの位置が平均して7mmもアップしたという。

まだまだ豊満にネタを蓄えていそうな、おっぱい研究。今後も各国の学者によってたわわに実る研究結果が出てくることに期待したい。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト