子どもに”勉強すること”の意義をうまく伝え

子どもに「どうして勉強するの?」と聞かれたら…!?

2015.09.20 SUN


子どもたちに、「ママ~どうして勉強するの?」と聞かれ、返答に困る親も少なくないのでは!? 掛け算はともかく、分数や化学、歴史など…社会に出て、あまり活躍しない知識もありそうだが、これからの未来を切り開いていく子どもたちに、親としてどんなアドバイスをおくればいいのか? 「V-net教育相談事務所」を主宰する松永暢史氏に聞いた。


●将来『自由』を手に入れるために勉強する
「その子が持っている性質や成長過程にもよるので、一概に“こうすればいい”というアドバイスはしにくいのですが、一般的には“自分を高めて好きな仕事に就くため、将来報酬を得て、『自由』を手に入れるために勉強するんだよ”と教えるのが無難でしょう。その上で、“世の中には嘘や詐欺があふれている。だからこそ、そんな局面でだまされない大人になるために賢くなるんだよ”と伝える。“学びを通して、嘘を見破る論理的思考力を身につけないと、君たちは人生で多大な損をすることになるんだよ”と教えれば、子どもは損得という感情には敏感なので、頭でイメージしやすいかもしれません」(松永氏 以下同)

「そもそも、子どもにこんな質問をされる時点で勉強への導き方を誤っている。でもその失敗は、今からでも取り戻すことができる」と松永氏は語る。

「子どもには、みんな平等に賢くなるチャンスが与えられているのです。思い立ったら後回しにするのではなく、ただちに今すぐやる。何かを思いつき、今すぐやることこそが“賢くなる最大のチャンス”なのです。今やれることを“面倒くさい!”と後回しにするのは、賢くなるチャンスを自ら放棄していると言えます。“この続きを明日やろう!”はダメなのです。調子に乗ってきて、頭がいい状態のときに、次々と思いついたことをやっていく…この習慣を身につけることが何より大切です」


せっかく賢くなろうとした頭をほっぽり出して、テレビやゲームにうつつをぬかす…そうしてしまうのはなぜなのか? それは子どもたちが「賢くなる瞬間」を知らないからだと語る。

「スポーツでも勉強でも、小さい頃から集中して“楽しくてしかたがない”状態を作れる子は、将来賢い人になると言えるでしょう。子どもが小さいうち、賢くなる瞬間を体感できるまでは、“ほら、今思いついたこの瞬間に、頭が賢くなるんだよ。頭がいい状態に勉強すると、さらに身につくんだよ”と教えてあげてもよいかもしれません」

集中して、次々といろんな課題をこなせる子は、そんな愚問を思いつく暇もないはず。今からでもまだ間に合う! 親として勉強する意味を、そして賢くなるチャンスを子どもたちに教え、集中力、そして勉強の楽しさを体感させることが重要なのだ。
(取材・文/蓮池由美子)


記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト