コンプレックスを、楽しもう

油断は禁物!秋に気をつけたい肌ケア

2015.09.01 TUE


夏が終わり、過ごしやすい秋が到来すると、ついつい怠りがちになってしまうのがスキンケアです。肌の調子がいいから大丈夫! と安心していると、冬にとんでもないしっぺ返しを食らってしまうことも。実は肌にとって、秋は何かと大切な季節。冬に美しい肌を保つためには、秋のスキンケアがとても重要になってくるのです。では、秋に特に気をつけたいスキンケアにはどんなものがあるのでしょう? 普段の生活と照らし合わせながら読んでみてくださいね。

夏よりも日差しの強さが和らぐことから、ついついUVケアを怠ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、これは大きな間違い。日差しが和らいだとはいえ、紫外線は年中地上に降り注いでいます。しかも、秋は夏の紫外線ダメージが強く残る季節。安心していると、夏のダメージの上に、さらに秋の紫外線ダメージが重なり、冬にはカサカサ肌になってしまう恐れも。日差しが弱い秋でも、UVケアはしっかりと行いましょう。

過ごしやすい気候ということから、秋は肌の保湿が疎かになってしまいがちな季節でもあります。しかし夏のダメージと気候の変化を受け、肌はとってもお疲れの状態。ここで保湿を怠ってしまうと、冬にシワやたるみ、乾燥肌となって戻ってくる恐れがあるのです。肌ケアの基本はしっかり保湿を行うことですから、過ごしやすい季節といえども保湿はしっかりと行いましょう。すでに乾燥が気になる方は、マスクなどを使って入念に保湿を行いましょう。

保湿とともに意識しておきたいのが、肌の血行促進です。秋は過ごしやすい季節ですが、冬に向かって少しずつ体を動かさなくなる季節でもあります。血流やリンパの流れが悪いと、顔がむくんでしまったり、くすみの原因になることもあります。顔のマッサージや、しっかり入浴などで汗をかいたりすることが大切です。ここで注意したいのが、マッサージの際、顔を強くもんだり押したりしないこと。肌はとてもデリケートですから、ゆっくりと優しくフェイシャルマッサージを行うようにしましょう。

肌荒れの原因は、紫外線を浴びたり、スキンケアの不足だけではありません。偏った栄養バランスも、肌荒れを起こす原因の一つとなります。夏バテで食欲がない…という方も、秋こそ栄養バランスのよい食事を心がけたい季節。旬の食べ物などをうまく取り入れながら、栄養バランスのよい食事を心がけましょう。また、コラーゲンやビタミンEやCなど、肌を作り出すために大切な栄養素を重点的に取ることも大切です。秋はさまざまな食べ物が美味しい季節。食べ過ぎに注意しながら、美味しく健康と美肌を手に入れたいですね。

冬に「こんなはずじゃなかったのに…」と後悔しないためにも、秋はとても大切な季節です。きれいな肌で、すてきな冬を迎えたいものですね。
(enJOY Complex編集部)


記事提供/『エンジョイコンプレックス』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト