人には聞けない「デリケートゾーン」問題

デリケートゾーンは誰でもかゆいの?

2015.10.01 THU


日頃、なかなか人には言えない・聞けない「デリケートゾーン」の悩み。そもそも「デリケートゾーンのかゆみ」って、誰にでもあるものなの? それとも、病気や不調など、何らかの問題がある人に起こるもの?

デリケートゾーンがかゆくなる理由などについて、婦人科形成「なおえビューティークリニック」の喜田直江院長に聞いた。

「デリケートゾーンのかゆみは、誰にでもあるわけではありません。個人差があり、お肌の敏感な方などはムレるだけでもかゆくなる場合があります」(喜田先生 以下同)

かゆみの原因には、ナプキンや経血によるムレ、下着のこすれなど、皮膚が刺激を受けることで起こるかぶれのほか、カンジダ膣炎などの感染症もあるそう。

「夏は汗でムレますし、冬も厚着でムレやすくなります。また、生理中はどうしてもムレやすくなります。デリケートゾーンはもともと皮膚が特に薄い部分で、刺激やストレスに弱く、かゆみを生じやすいのです」

●デリケートゾーンのかゆみ、病院へ行くタイミングは?
気になるのは、デリケートゾーンのかゆみが、そのまま放置して良いものか、あるいは治療が必要なものなのかということ。見分け方はあるの?

「例えば、生理中にいつもかゆみを生じる場合や、軽いかぶれであれば、市販の軟膏薬を塗るだけで良いと思います。3日間ほど使用し、落ち着くなら問題ありません。ただし、もしそれよりも長く続くようなら、医療機関を受診したほうが良いと思います」

また、おりものが急に増えた場合も、膣に問題がある可能性が考えられるため、受診したほうが良いそう。

「ちなみに、カンジダは誰にでもいる菌で、性交渉などによって起こるものではありません。体力低下や風邪などにより、免疫力が落ちたとき、あるいは抗生剤を飲んだときなどに良い菌が死んでしまい、カビ菌が活発になることで起こります」

カンジダ膣炎によるかゆみは、体調がよくなると自然に治るが、クセになりやすい人もいるそう。

いずれにしろ、かゆみが続いたり、かゆみを強く感じたりする場合は、一度婦人科もしくは皮膚科を受診してみよう。
(田幸和歌子+ノオト)

記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト