モテる40代の遊びガネ錬金術

リゾート滞在も楽しめる分譲型「ホテルコンド」投資

2015.09.22 TUE


最近、ハワイや沖縄などのリゾート地で、ホテルの1室を分譲販売する「ホテルコンド」型の不動産物件が人気となっている。自分で滞在するも良し、人に貸すも良し。使わない時は、ホテル側が一般客に貸し出すので、利益を得ることもできる点が魅力とのこと。投資案件としての「ホテルコンド」の可能性と魅力を探った。

■■今回のアドバイザー
レイハワイ不動産代表
アリー岡野(Arry Okano)さん

高校卒業後に渡米。ハワイ大学マノア校卒業。日本で賃貸不動産の管理、仲介、経営などを経験した後、再びハワイへ。レイハワイ不動産を立ち上げ、ハワイでの物件管理、売買サポート、賃貸サポート、ハワイの不動産投資、一棟収益、利回り追求、資産分散、減価償却、リノベーション、日本での節税対策からハワイへの移住など、幅広い業務を手掛ける。

■運用を任せるならネームバリューの高いホテル

岡野さん「ホテルコンドとは、主に有名ホテルが運営に携わり、一部屋ずつ別のオーナーに部屋を購入してもらい、そのままホテルに管理を任せて所有するという形態のことです。部屋を利用する客がいれば、賃貸である程度の収益を確保することができます。投資用として利益をメインに考えるなら、広告・宣伝の上手な、またネームバリューの高いホテルに運用を任せる事が大切になってきます。ハワイなど観光客の多い土地というのも重要です。一般的な不動産投資と同じで、空室期間をなるべく作らないことが収益を安定させるためのカギです。

もちろん、自分で部屋を利用することも可能です。例えば、ハワイのホテルコンドを購入して好きなときにホテルとして利用すればいいのです。ホテルとしてのサービスもそのまま受けられます」

■新築コンドは文句なしに人気

岡野さん「オススメはやはり、新築、築浅のコンドです。ハワイのリッツカールトンが運営するコンドが、現在建築中です。一番ボリュームのあるスタジオタイプは販売と同時に売れてしまいましたが、ハイフロアのお部屋がまだ販売中なので、見てみる価値はあると思います。そのほか、築浅のものとしてはトランプタワーもあります。また、築年数がそれなりに経過していても、ワイキキ・バニアンや、ワイキキ・サンセット、アイランドコロニーなどの観光地のホテルコンドに関しては、一定の人気と価値を保っています。

有名なホテルコンドであれば、50万ドル〜、一般的なホテルコンドなら20万ドル〜が相場です」

■投資する際は管理費を十分にチェック

岡野さん「不動産を長期賃貸する場合、住む人によっては部屋が汚れる可能性や、家賃を払わない可能性などありますが、その点ホテルはしっかり管理してもらえるので安心です。

ですが、ホテル側がオーナーから徴収する管理費は、ホテルによって違います。当然、管理をしっかりしているホテルコンドの方が、管理費も高くなります。運用方法は様々あり、ホテルがオーナーに定額を保証するタイプ、宿泊費収入に対して50%、60%差し引かれるタイプなどです。また、固定資産税、コンドの共益費、火災保険などはオーナーが負担する必要があります。どのような投資目的で、どのようなエリア、どのような利用方法を希望するかで選んでください」

■最後にアドバイザーからひと言

「美しいハワイでホテルコンドを所有することは、単純に投資の効率だけではない喜びを手に入れる事ができます!」

記事提供 / 素晴らしきオトナたちへ。モテるオトナの悦びを。[editeur エディトゥール]

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト