コンプレックスを、楽しもう

体に活を入れる! 1分間ストレッチ

2015.09.24 THU


適度な運動は、健康のためにも、精神的なストレスの緩和にも効果的といわれています。しかし、運動が苦手な人にとっては、ちょっとした運動でも心理的なハードルが高くなってしまいます。デスクワークや勉強で長時間座っていると、体中の筋肉が凝り固まって全身がだるくなってきます。そんな時、だるいからと動かずにいると、ますます体が重くなってしまいます。今回は、そんなあなたにおすすめ! 誰にでも簡単に出来る1分間のストレッチをご紹介します。

1分と聞くと、短いと思うかもしれませんが、試しに目を閉じて、1分経ったと思うところで目を開けてみてください。意外と長く感じたのではないでしょうか。1分では、たくさんの運動をこなすことはできませんが、一つの動作をじっくり行うには十分な長さです。実際、ヨガやストレッチでは30秒〜1分程度、一つのポーズをキープするものが多いのです。忙しい日々の中でも、1分間だけなら、自分のカラダのための時間を作れるのではないでしょうか? さっそくやってみましょう!

●立ったままできる、超簡単ストレッチ

まず、両足を肩幅に開いてください。そして両手をまっすぐ上に伸ばしたら、思いっきり背伸びをしてつま先立ちになってください。この状態で1分間キープします。両腕は耳の横につけるように。上へ上へと引っ張られるようなイメージで、しっかりカラダを伸ばしましょう。1分経過したら、かかとと腕をゆっくりおろしてください。特に肩や肩甲骨のあたりがあたたかく、すっきりしたように感じられれば効果ありです。ついでに首をゆっくり回すとさらに効果的。短い時間でもカラダがほぐれたことを実感できるはずです。

単純なポーズですが、最初から1分間続けるのはかなりハードだと感じるかもしれません。最初は30秒から始め、徐々に時間を増やしてもよいでしょう。慣れてきたら、足幅を狭くしていくと、バランスがとりにくくなるため、インナーマッスルも鍛えることができます。場所をとらずにできるため、トイレの個室や、エレベーターを待つ間にも気軽にストレッチができるのがポイントです。突飛なポーズではないので、万が一誰かに目撃されてもあまり恥ずかしくないということを強みに、気軽にやってみてください。

習慣的にカラダを動かしていないと、少しの運動すら億劫に感じてしまいます。ましてや続けるとなると、行う前から無理だと思えるかもしれません。そこでストレッチを習慣にするために、ちょっとしたコツをお教えしましょう。それは、新しくストレッチのための時間を作るのではなく、今までの自分の生活に組み込んでしまうことです。先ほど挙げたように、トイレに行ったら必ずやる、エレベーターで一人になったらやる、というように日常の動作とセットにしてしまうのです。新しい習慣が定着するまでには、最短で21日かかるといわれています。逆にいえば、1年のうちたった21日続けられれば、その習慣はあなたのものになるということです。

さあ、今日からやってみましょう! あなたなら、一日のどこにストレッチを組み込みますか? 運動が苦手でも、できることは実はたくさんあります。苦手なものを克服する必要はありません。無理なくできることを探して、ちょっとだけ毎日の生活に工夫をしてみませんか? その「ちょっとだけ」の積み重ねが、あなたに大きな変化をもたらすことでしょう!
(enJOY Complex編集部)


記事提供/『エンジョイコンプレックス』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト