食べきったらタダになって賞品まで

ブーム再到来!?大食いチャレンジ5選

2015.09.27 SUN


神楽坂飯店の「一升チャーハン」。圧縮しているので見た目はさほど大きく感じないが、これだけで約2.5kg。ご飯も具材もパラパラで味は抜群だ
一昔前、飲食店でよく見かけた「巨大メニュー! 食べきったらタダ!」といったチャレンジ企画。ただ、近年は“食べ物を大切に”の精神のおかげかあまり見なくなった…と思いきや、次第に復活する店も増えてきたようだ。というわけで、食欲の秋にふさわしい「大食いチャレンジ」企画があるお店を紹介しよう。

●神楽坂飯店(東京・飯田橋)
約6人前の「ジャンボラーメン」(1890円)や「一升チャーハン」(5840円)、普通の餃子約100個分に相当する「ジャンボ餃子」(9600円)など、多様なチャレンジメニューがそろう。60分以内に食べきることができれば無料となり、中国酒贈呈のおまけつき。実際に「一升チャーハン」に挑戦してみたが、丼ぶりになみなみ注がれた約500gのスープと約2.5kgのチャーハンはなかなかハード。見た目は小さく見えるのだが、食べても食べてもなかなか減らない。米で腹がふくれるし油で胃がもたれるし…。時間内に半分食べるのがやっとだった。
住所:東京都新宿区神楽坂1−14

●若狭家 上野店(東京・上野)
チャレンジメニューの「びっくり丼」(3980円)は、具とご飯をあわせて約2kg。それと丼1杯分の味噌汁を15分以内で食べきるもの。成功すれば無料だ。サーモンやいくら、マグロ、タコ、イカ、甘エビなどが山のようにのっていて見た目はいかにも魅力的だが、挑戦してみると海鮮以上に丼のご飯が難敵。具とご飯をバランスよく食べることがクリアするコツのようだ。
住所:東京都台東区上野4-6-7 白鳥舎ビル 1F

●ラーメンショップ堀切(東京・綾瀬)
「ジャンボラーメン」(2000円)は、麺4玉とスープ1.5Lで合計2.8kgを20分以内に食べきれば無料。さらに達成者には永久割引券が授与されるというラーメンフリーク垂涎モノのチャレンジ企画。ここも実際に挑戦したが、最初はアツアツのスープをいかに胃に流し込むかがポイントに。冷めるのを待っていたら麺が伸びるし時間が足りない。必死に耐えながら、麺とスープを飲み物のように流し込み、終了8秒前になんとか成功!
住所:東京都葛飾区堀切7-32-4

●ステーキキッチンファクトリー(東京・五反田)
チャレンジメニューは「3ポンドバーグ」(6520円)、「3ポンドステーキ」(7060円)、「3ポンドハラミ」(1万560円)のいずれか(3ポンドは約1.3kg)。これらのステーキと特盛ライス3杯(約1.5kg)がセットになっており、30分以内で食べきれば無料。さらにオリジナルTシャツの贈呈も。
住所:東京都品川区東五反田1-12-7

●かつさと(東京・多摩センター)
通常のかつ丼6人前の「日本一のチャンピオンかつ丼」(2700円)がチャレンジメニューで、30分以内に食べきると無料となる。そして、チャレンジ成功後は同10人前の「世界一のキングかつ丼」に挑戦することができる。こちらは45分までに食べきれば賞金5000円が授与される。
住所:東京都多摩市乞田743

今回紹介した店舗はほんの一部。この秋、自分が食べてみたいメニューを見つけてぜひ挑戦してみて!
(布施貴広/Office Ti+)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト