コンプレックスを、楽しもう

秋~冬に試したい簡単エクササイズ

2015.09.28 MON


ダイエットに最適な季節がいつか、ご存じですか? それは「寒い季節」。意外と思われるかもしれませんが、人のカラダは外気温が低くなると体温や体内の機能を維持しようとしてエネルギーを生み出そうとするのです。夏に比べて10%も代謝があがるといわれているため、この季節は運動や食べ物に気をつけて健康的でキレイなカラダ作りを目指しましょう。とはいっても、忙しくて運動をする時間がないという人も多いはず。そこで今回は、鍛えておけば寝るだけでもカロリーを消費してくれる「インナーマッスル」を鍛える方法をご紹介します。それは「呼吸するだけ」エクササイズと、毎日ムリなくできる「ちょっとだけ」エクササイズ。カンタンだけどしっかり効果が出ますので、さっそく始めてみましょう。

●おなか回りのインナーマッスルを鍛えよう

ぽっこりふくらんだお腹は、筋肉がゆるんで内臓が落ちてきていることも原因のひとつ。筋肉をひきしめて、くびれたウエストやたいらなお腹を目指しましょう。その方法は「呼吸法を意識する」だけなのです。

1.あお向けに寝る
背中が曲がらないようにするために、あお向けに寝ます。腰に負担がかかるので、ひざは曲げてもかまいません。

2.手をおへその下に当て、ゆっくり息を吐く。
身体の中に入っているすべての息を出し切るつもりで、限界まで吐きます。

3.自然に吸えるだけ息を吸う
息を吐き切ったあとは体が自然に息を吸ってくれますので、無理せず自然に息を吸いましょう。

やってみるとわかりますが、息を吐き切る時に下腹部分にかなりの負荷がかかります。この呼吸法を何度もすることでお腹周りの筋肉が鍛えられてくるだけでなく、呼吸が深くなって精神的にもリラックスできるようになりますよ。慣れてきたら立った状態で行ってみましょう。その際、おしりにもキュッと力を入れることでヒップアップにもつながります。

●太もものインナーマッスルを鍛えよう

太ももの筋肉というのは人間のカラダの中でも大きいパーツなので、ここの筋肉がしっかり動くと放っておいてもかなりの代謝をしてくれます。ムリせず、毎日少しずつ続けることで確実に効果が出ます。その方法は以下の3つ。

・3階までなら階段を使う
エレベーターやエスカレーターには乗らない、と決めてしまうと気持ちに負担がかかってしまいます。そこで、「階段を使うのは3階まで」と決めてしまいましょう。それ以上はその時の体調などでチャレンジしてもいいですが、基本は3階まで。4階からはエレベーターなどを使えると思えば、気持ちも楽になって続けることができます。

・1日10回のもも上げエクササイズ
両足10回のもも上げで、太ももとおしりの筋肉を刺激しましょう。これも1日1セットで充分! 慣れてくると10回では物足りなくなってきますが、そういう場合は回数を増やしてください。これも続けることが大切なので、10回終わったらその日の分は完了です。仕事の休憩時間や家でテレビを見ている時間にできるのが嬉しいですね。

・1日5回でOK! スクワット
スクワットは太ももの筋肉をしっかり鍛えてくれますが、しっかりやると体力的にはなかなかキツイものです。足を肩幅に開いて背中をまっすぐに保ったまま立ちます。そのままゆっくり、ひざの角度が90度になるくらいまで腰を落とします。ゆっくりひざをのばして立ちます。

ご紹介したエクササイズはどれもカンタンで「本当に効くのかな」と思うかもしれませんが、まずは2週間続けてみてください。カラダを動かす習慣がつけば、そこから自分にあった回数ややり方にチェンジすることができます。

寒くなる季節はカラダを見直すチャンスです。ムリせず楽しく、キレイなカラダを作っていきましょう!
(enJOY Complex編集部)

記事提供/『エンジョイコンプレックス』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト