40代のアク抜きダイエットテク

40男必見! 舌を見れば健康状態が分かる!?

2015.10.13 TUE


舌の状態を見るのは、中国医学では古くから行われている健康チェック法。自覚症状のない現在の体調だけでなく、自分が本来持つ体質までもが舌を見るだけで分かるという。いったいどんな舌の状態が、どのような健康状態を表しているのか? 自分で出来る「舌チェック」のポイントを、薬剤師で国際中医師の有藤文香さんに伺った。

■■今回のアドバイザー
国際中医専門員 有藤文香

中医アロマセラピーサロン・スクール「Xiang(シャン)」代表取締役。国際中医師のほか、薬剤師、中医アロマセラピスト、国際中医薬膳管理師としても活動する、中国伝統医学のスペシャリスト。「中医アロマセラピー家庭の医学書 大切な人を守るための30トリートメント」(池田書店)、「はじめての中医アロマセラピー」(池田書店)など、中医に関する著書多数。

■舌の状態を観察することで、病気を未然に防ぐことも

有藤さん「舌診(ぜつしん)は中医学独特の診断法。薄い粘膜につつまれていている舌は、血液の流れや色を見るのに適しています。舌の大きさや色、形、舌につく苔のような舌苔(ぜったい)の状態、舌の裏の静脈などを観察することによって、全身の健康状態が分かると言われているのです。

舌は毎日の体調を表す内臓の鏡で、毎日少しずつ変化しています。自分で簡単に体質チェックできるので、毎日の健康管理にぜひ役立ててください。舌診により体質が把握できれば、『未病先防』といって病気になる前にその芽を摘むことができるのです」

■舌の状態をセルフチェックしてみよう

有藤さん「健康な舌は全体がきれいなピンク色で、全面にうっすらと白い苔がついている状態。形も、きれいな曲線を描いています。もしこのような舌の状態でない場合は、体のどこかに不調を抱えているのかも。次のような点に注目して、舌の状態をセルフチェックしてみてください。

1:舌に歯型がついている

2:ピンクより色あせていて、小さくなっている

3:苔が少なく、赤みが強く、乾燥し亀裂が入っている

4:舌の側面が紅く分厚い

5:全体的に紫色、茶色い斑点や舌の裏の静脈怒張がみられる

6:白い苔が厚くついている

7:黄色い苔が厚くついている


チェックする際には、食事の後や舌磨きの後を避けて自然光の下で観察するようにして下さい。朝起きてすぐに観察するのがよいでしょう」

■舌の状態で分かる体質と、陥りやすい不調の症状は?

有藤さん「1に当てはまる人は『気虚タイプ』。気が不足している状態で、慢性的な疲れ、風邪、アレルギー症状、冷え性などの症状が起りやすいです。かぼちゃ、とうもろこし、高麗人参、山芋、牛肉、鶏肉などの薬膳食材を摂ることで改善につながります。

2は『血虚タイプ』。血が不足しているため、他の体質に比べで舌が薄く、小さめになります。ダイエット中や貧血のときに見られやすい舌の状態で、不眠、肌のつやがない、めまい、貧血といった症状が出やすいです。黒ゴマ、くるみ、ひじき、ドライフルーツ、牡蠣。卵、赤身の肉といった食材がオススメ。

3は『陰虚タイプ』。体の体液が不足しているとされる“潤い不足”な状態。不眠や寝不足の人に多く見られます。起りやすい症状としては、暑がり、落ち着きがない、手足が火照る、目や皮膚が乾燥するなど。白ごま、桃、梨、手羽先、豚肉、はちみつといった食材を取り入れてみてください。

4は『気滞タイプ』。舌の端の赤みは肝に熱があることを表しており、お腹の張り、ストレス、のどの異物感、イライラ、怒りっぽい、おならやげっぷといった症状に悩まされる人が多いです。セロリ、春菊、紫蘇、みょうが、ニラ、みかんなどを積極的に摂るようにすると良いでしょう。

5は『瘀血タイプ』。舌だけでなく、顔や唇なども紫がかっている場合も。不調は、シミやくすみ、頭痛、肩こり、高血圧、高脂血症、狭心症、血行不良など。玉ねぎ、青魚、お酢、にんにく、少量のお酒、ラッキョウ、唐辛子などが効きます。

6は『寒湿タイプ』。体に余分な水分や老廃物がたまっている状態とされています。身体の冷え、足のむくみ、下痢、身体が重い、透明の痰や鼻水が出やすいなどもこのタイプによく見られる症状。ウイキョウ、唐辛子、青梗菜、しょうが、かぶなどを食べて改善しましょう。

7は『湿熱タイプ』。余分な水分が溜まっているのに加えて、体に熱がこもっている証拠です。食べ過ぎや飲みすぎた翌日に、このような舌の状態になる人は多いのではないでしょうか? 放っておくと、体臭や口臭、足のむくみ、下痢・肛門の灼熱感、胃もたれ、頭重、だるさといった症状が悪化してしまいます。おすすめ薬膳食材は、ハトムギ、小豆、ハマグリ、あさり、冬瓜、海苔、わかめ。二日酔いでも食べやすい食材ですね。

日々の疲れや不摂生が顕著に出る舌。こまめなチェックを習慣にすることで、きっと大きな病気を避けることができるはずです」

■最後にアドバイザーからひと言

「舌の状態には個人差があります。毎日チェックすることで、『いつもと違う舌』の状態を見つけられるようになりましょう」

記事提供 / 素晴らしきオトナたちへ。モテるオトナの悦びを。[editeur エディトゥール]

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト