旬のフルーツを浸け込んでオシャレ飲み!

宅飲み女子に!果実ブランデー5選

2015.10.07 WED

働く女子を応援!L25タイムス


ちょっぴりオジサンっぽいイメージのあったブランデーも、フルーツが入ればこんなに可愛いお酒に。サントリーが取り扱うブランデーの中では、マスカット原酒の「サントリーブランデーV.O」が自家製フルーツブランデーにピッタリとのこと ※写真はスクリーンショットです
オシャレなレストランでいただくお酒もいいけれど、居心地のいい部屋で自分のペースで楽しむお酒は格別なもの。そんな宅飲み女子を中心に今人気を集めているのが、“フルブラ”こと「フルーツブランデー」です。

フルーツブランデーとは、旬のフルーツをブランデーに漬け込むだけでできあがる自家製のお酒。サントリーの中谷貴昭さんによると、ブドウを原料につくられているブランデーは、その華やかな香りとフルーティな味わいがあらゆる果物と相性抜群。ほとんどのフルーツの場合、たった1日漬け込むだけでできあがる手軽さも魅力なんだとか。今回は、そんなフルーツブランデーの中でも特に美味しいと評判のオススメレシピを、中谷さんに教えてもらいました。

〈柑橘系でさわやかに〉
●オレンジ
【材料】ブランデー320ml、オレンジ 1/2個
【漬け込み期間】1日~1週間
【作り方】
1.オレンジを皮ごとゴシゴシよく洗う。
2.オレンジの皮をピーラーなどでむき、果肉を3、4枚にスライスする。オレンジの白い部分は苦味が出るので取り除く。
3.漬け込み瓶にオレンジの果肉と皮を入れてブランデーを注ぐ。
【オススメの飲み方】
トニックウォーター割り(1:3)ならオレンジの香りが引き立つ!

●レモン
【材料】ブランデー320ml、レモン 1個
【漬け込み期間】1日~1週間
【作り方】
1~3はオレンジと同じ。
好みで砂糖を大さじ1、2杯入れてもOK
【オススメの飲み方】
レモンのさわやさをゴクゴク喉で感じられるトニックウォーター割り(1:3)で

〈旬の果実は皮ごと使用〉
●りんご
【材料】ブランデー320ml、りんご 1/2個
【漬け込み期間】1日~1週間
【作り方】
1.りんごを力を入れずによく洗う。
2.芯と種を取り除き、皮ごと4等分のくし切りにする。
3.漬け込み瓶にりんごを入れてブランデーを注ぐ。
【オススメの飲み方】
ジンジャエール割り(1:3)で飲みやすく

〈南国フルーツでリゾート気分〉
●パイナップル
【材料】ブランデー320ml、生パイナップル1/8個
【漬け込み期間】1日~1週間
【作り方】
1.生パイナップルのヘタを取って皮をむき、一口大に切る。
2.漬け込み瓶に入れ、パイナップルが完全に浸かるようにブランデーを注ぐ。
【オススメの飲み方】
ロックならパイナップルの強い甘みを直に感じることができる

〈凍らせた果実でヘルシーに〉
●梅
【材料】ブランデー320ml、梅 500g
【漬け込み期間】1週間
【作り方】
1.ヘタを取り除いた梅を一晩冷凍庫に入れて凍らせる。
2.凍った梅を容器に入れて、ブランデーを注ぐ
【オススメの飲み方】
蜂蜜を加えてソーダで割れば、ヘルシーな甘みのカクテルに

どれも手順が少なく、誰でも手軽にできそうだが、中谷さんいわく注意点もあるという。

・漬け込み瓶は、必ずパッキンのついたガラス製の密封容器をよく洗って使用する
・漬け込んだ瓶は冷暗所で保管して、飲むとき以外は必ず密封保存する
・漬けたフルーツは、果肉が崩れたり液体が濁る場合があるので、1週間を目処に取り除く

ドリンクとして飲む意外にも、お菓子の風味付けに使ったり、炒め物やオーブン料理に料理酒として使ったりすることで、いつもの一品が格段に華やかな印象に。漬け込み終わったフルーツは砂糖と一緒に煮詰めれば、ブランデーの香り高い高級感溢れるジャムにリメイクできるそう。

「フルーツブランデーは、ここにご紹介した以外にもお好みのフルーツで簡単に作ることができます。これからの寒い時期には、お湯や紅茶で割ったホットフルーツブランデーも体が暖まりますよ。ぜひ色々な味わいにチャレンジして、ドリンクやお料理を楽しんでみてください」と中谷さん。ただし、この季節に旬を迎えるブドウは酒税法によって漬け込むことが禁止されているので注意しましょう。

色とりどりのフルーツが漬け込まれた瓶は、眺めているだけでも気分がウキウキしてきそう。1人で秋の夜長のお供にするも良し、女子会やホームパーティーでオシャレなドリンクとして振る舞うも良し。実りの秋、食欲の秋に、お気に入りのフルーツを使ったフルーツブランデーを試してみてはいかが?
(有栖川匠)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト