子どものお小遣いトラブルに注意!

お小遣いをめぐる友だちトラブルに注意

2015.11.25 WED


子どもがある程度の年齢になると、友だちとの間でトラブルが起こることもある「お小遣い」問題。高額なお小遣いをあげるのは不安だけど、まったくあげないことでも問題が発生するよう。

実際、小学生のママたちからは、次のような声が挙がった。

「うちはお小遣いをあげてないけど、たくさんもらっている子がお菓子を買ってくれたりするので、逆に困る」(30代ママ)

「塾の前にごはんを買っていく分も含めて毎日500円あげていたら、全部お菓子に消えていた…」(40代ママ)

「『奢ったり奢られたりするのは絶対にダメ』と厳しく言っているけど、子ども同士でゲームセンターに行き、お金を持っている子だけがゲームをして、ほかの子は見ていたなんてことも」(30代ママ)

「共働きの家庭では、お金だけ与えて放任のところもある。小学生なのに万札を持っているような子もいる」(40代ママ)

「お小遣い」は、家庭ごとにポリシーが異なるけど、トラブルを防ぐにはどうしたら? ファイナンシャル・プランナーの柳澤美由紀さんに聞いた。

「大切なのは、自分で管理させ、小さなうちに小さな失敗を繰り返させること。そして、失敗したときに親が助けないことです」(柳澤さん 以下同)

●子のお金との付き合い方は、上手な断り方も社会勉強
例えば、自分で買い物をさせ、レジで足りなくて泣いたとしても、そこでお金を出すのではなく、「いらないと言えば良いんだよ」などと教えるのも大切な金銭教育だという。

「また、子どもにお小遣いをあげる場合、よその子に奢ってしまうのは、過剰に渡しすぎている証拠です。もしほかのお母さんから『うちの子に奢ってくれたみたいだけど…』と言われたら、額を見直しましょう」

一方、友だちが奢ってくれたり、カードゲームのカードなどをくれたりすることもある。

「相手も喜んでほしくてくれたのでしょうが、そのときに『気持ちはうれしい。ありがとう』と言ったうえで、『でも、お母さんがダメだと言うから』と断ることを教えましょう」

友だちに奢ったり、モノをあげたりすることを、相手の子の親は知らないケースもある。念のため、一報入れたほうが無難だとか。

「子ども同士で話をさせ、解決させてから、親も電話で『ありがとう。でも、クセになると調子にのってしまうから』などと伝えましょう。ただし、やんわり伝えることが大切。『うちの教育方針で~』などと言ったら、トラブルになりかねません。また、相手の親は『塾の前のごはん代だったのに…』ということもあります」

大人と同じで、子ども同士も、金銭感覚の違いはあるもの。「お付き合いの部分は、お年玉でやらせる」「断り方や遊び方の工夫をさせる」ことも大切な社会経験なのだ。
(田幸和歌子+ノオト)

記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト