若手会社員の1割はトラブル経験アリ

車内トラブル原因1位は肩ぶつかる

2015.10.17 SAT

世論調査


ちなみに原因に「その他」を挙げた方が1人だけいまして、それはお年寄りに席を譲らない人に注意をしたことに始まるトラブルだった模様。まねできませんわ… 画像:ストリーム/PIXTA
ビジネスの現場はストレスの連続。移動時ぐらいはせめて平穏でいたいものの、見知らぬ他人と乗り合わせる電車ではトラブルと無縁でいられるとは限りません。実際どれほどの人が、電車内でのトラブルに遭遇した経験があるのでしょうか? 20~30代の男性会社員に聞いた結果は以下の通り(協力/アイ・リサーチ)。

〈電車内で誰かとトラブルになったことはありますか?〉

「ある」派 10.5%
「ない」派 89.5%

社会人であれば大概の方が年間200日以上は朝に夜に通勤電車に揺られているわけで。そう思えばトラブルにあった人が約1割にとどまったのは、少ないようにも思えたり…。では、ある派の方はどのような原因で他人とトラブルになったのでしょう?

〈車内トラブルの原因TOP5〉
(全14項目から、経験したものすべて選択)
1位 肩がぶつかった 38.1%
2位 乗降の妨げ 19.0%
3位 酔って絡む 19.0%
4位 広げた・組んだ足 14.3
5位 携帯電話の通話 14.3%
5位 わからない(一方的な因縁) 14.3%

※番外
寄りかかった 9.5%
席のとりあい 9.5%
ヘッドフォン等の音漏れ 4.8%
車内飲食 4.8%

選択肢のうち、(混雑した車内での広げた)新聞・雑誌、痴漢行為(疑惑含め)、大声での会話、大きな荷物については、よく見かけたりマナーが呼びかけられたりするものの、それが原因でトラブルになったことがある人は0%でした。

では、TOP5に挙がったトラブルをどう解決したのか聞きました。

1位 肩がぶつかった/「とりあえず殴ってやった」(39歳)
2位 乗降の妨げ/「言葉で説教した」(31歳)
3位 酔って絡む/「相手にしなかった」(30歳)
4位 広げた・組んだ足/「駅員の仲裁」(37歳)
5位 携帯電話の通話/「蹴り飛ばした」(35歳)


全回答者が200人しかいないのに、かなり物騒な展開に持っていった人が2人もいるのが個人的にはちょっとショック。暴力はやはりマズいですよ。袖擦り合うも多生の縁。前世で刃傷沙汰にでもなるような因縁でもあったのでしょうか…。
(のび@のびた)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト