40代のアク抜きダイエットテク

枕を変えれば体が変わる! 不調を改善する枕選び

2015.11.01 SUN


健康の要ともいえる睡眠。そんな睡眠において、枕が体に合っていないと肩こりなど様々な体調不良を引き起こしてしまうという。秋の夜長にぐっすり安眠して体が元気になるような枕は、どうやって選べばいいのだろうか? 自分にあった枕の選び方を、枕の専門家・マクラエバンジェリストの山田朱織さんに教えてもらった。

■■今回のアドバイザー
マクラ・エバンジェリスト
山田朱織

株式会社山田朱織枕研究所代表取締役社長、16号整形外科院長を務める医学博士。東京女子医大卒、同大整形外科教室、成瀬整形外科を経て現職。2003年より整形外科枕の研究開発と睡眠姿勢に基づくベッドMAKURAinBED(R)を2014年11月より販売開始。大学病院や睡眠センターとコラボレーションし、頚椎疾患、姿勢異常(円背)、関節リウマチ、睡眠時無呼吸症候群など特殊疾患の枕と睡眠の研究開発を行う。「夢の扉」「ためしてガッテン」「WBSトレたま」「スーパーJチャンネル」「世界一受けたい授業」「みんなの家庭の医学」などTV多数出演。著書に『頸椎症、首こり、肩こりに! 山田朱織のオリジナル首枕』(主婦の友)など。

■頸椎が負荷から解放される睡眠時こそ、姿勢にこだわるべし

山田先生「男性の頭は5~6kgの重さがあり、頸椎には常にこの重みがかっています。さらに、ケータイを触ったりデスクワークでパソコンを使うなど7cm程前にうつむくだけで、約3倍の約20kg相当の負荷になるとされています。この頭の重みから首を解放できるのが、体を横にする睡眠時間。『たっぷり寝たはずなのに眠い』『体がだるい』『肩こりや腰痛など症状がある』という方は、まず睡眠の質を疑ってください。寝ていても身体が回復できていないのは、睡眠姿勢が悪いのだと気付きましょう。

質の良い睡眠とは、睡眠中の寝返りがスムーズに行える状態のこと。つまり、寝返りが適切にうてないような体に合っていない枕を使用していることが、様々な体の不調につながっている可能性があるのです」

■今使っている枕は自分に合っている? セルフチェックしてみよう

山田先生「まずは、今あなたが使用している枕は適切なものかどうか、下記の項目をチェックしてみましょう。

□起床時、頭痛や肩こり、腰痛がある。
□起床時、手のシビレや手のこわばりがある。
□起床時、顔面のシビレ、耳が痛い、顎関節の違和感がある。
□起床時、怠さや疲労感がある。
□寝返りしにくく、うつ伏せになったり横を向いたり、眠りが浅く熟睡感がない。
□不眠症、睡眠薬を飲んでも夜間に何度も目が覚める 。
□夜間に肩が痛くて目が覚める。
□四十肩、五十肩で治療をしても治らない。
□いびきや無呼吸になっていると言われる。
□手を頭の下に敷いて寝ていたり、夜間つらくなって枕を外す。

1つでもチェックが付いた人は、枕を見直してみて。あなたの体形・体格に枕が合っていない可能性があります。

体形・体格に合っていない枕を使用すると睡眠姿勢が悪くなり、スムーズな寝返りができなくなります。また、首が不自然な角度で曲がると首回りの筋肉が緊張し神経に栄養分を運ぶ血管が締めつけられ、結果的に頚神経を痛めることに。全身を司る大切な神経が集中している首(頸椎)は、睡眠中に圧迫され続けると身体にさまざまな不調をもたらします。上記のチェックリストにあるように、頭痛、肩こり、首の痛み、腰痛の原因になるだけでなく、手足のしびれ・痛み、いびき、さらには睡眠時無呼吸症候群や不眠、うつ症状など様々な症状になる可能性があります」

■スムーズな寝返りをうつことが健康の秘訣

山田先生「では、自分に合った枕を選ぶためにはどうしたらいいのでしょうか? ポイントは、正しい枕の『高さ』と『硬さ』。高さの目安は、上向き敷物と首の角度が約15度前後になること。また、横向き寝になった時に頭・首・胸の中心のラインがまっすぐになり、敷物と平行になるかどうかを確認してください。無理なく左右にコロコロとスムーズな寝返りを打てれば、適切な高さ・硬さと言えるでしょう。つまり平らで頭が沈みこまない硬さのある枕が、体に負担をかけずに熟睡できる枕なのです。

正しい枕でスムーズに寝返りが打てるようになると、血液やリンパ液、関節液などを循環させ、細胞や組織が健康な状態を保つことができます。さらに、寝返りには睡眠中の身体にかかった負担をやわらげる効果も。日常生活で少しずつ歪んだ背骨を本来の自然な状態へ戻ったり、体温の調整機能も正常になったりします。ぜひ自分にピッタリあった枕を見つけて、快適な睡眠と健康な体を実感してみてくださいね」

■最後にアドバイザーからひと言

「自分に合った枕に出会っても、体形や体格の変化や枕本体の劣化などによって適宜メンテナンスが必要。枕に対して気配りを絶やさないことが、体のメンテナンスにもつながりますよ」

記事提供 / 素晴らしきオトナたちへ。モテるオトナの悦びを。[editeur エディトゥール]

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト