40代のアク抜きダイエットテク

男必見!「精がつく食べ物」ってどんなもの?

2015.11.13 FRI


男に生まれついたのならば、生涯”現役”でいたいもの。食事にもこだわって精力を蓄えておきたい。そこで、精力不足になってしまう原因や、食材が豊富になる秋に食べたい「精がつく食べ物」について、管理栄養士の杉山典子さんに教えてもらった。

■■今回のアドバイザー
管理栄養士
杉山典子

女子栄養大学を卒業後、管理栄養士として保育園、行政で栄養管理や食育、特定保健指導などに携わる。その後、薬だけに頼らず、病気の原因を探り、栄養素と食事で病気を根本的に治療する分子整合栄養医学に出会い、長年苦しんでいた頭痛やアレルギーを克服。現在、分子整合栄養医学に基づく栄養療法を行うクリニックの管理栄養士として、食事指導や栄養カウンセリングを行っている。

■成人男性の4人に1人がED!メタボがEDを誘発する?

杉山さん「成人男性の4人に1人がED(勃起不全)ともいわれる現代。特に40歳以降では、その割合はさらに急激に上昇すると言われています。EDは、不規則な食生活や過度のアルコール摂取などによる血流障害や、男性ホルモンであるテストステロンの分泌低下などが原因と考えられています。特にメタボの方(肥満、糖尿病、高血圧、脂質代謝異常)はそうでない人と比べるとEDになる確率が高めに。つまり、メタボの予防はEDの予防にもつながるのです。

肉、炭水化物、油の摂りすぎ、逆に植物性たんぱく質、野菜の不足がみられる方は、メタボ、EDに注意が必要です」

■ED改善のために積極的に摂りたい栄養素とは

杉山さん「EDを改善して精力アップしたいと考える方に積極的に摂っていただきたいのが、次のような栄養素です。

・アルギニン
肉、卵、魚、ナッツ、豆などに多く含まれているアミノ酸の一種。血管拡張を引き起こし、EDの治療に有益であると考えられており、ED改善に向けたサプリメントでもアルギニンを含有した製品が多く販売されています。

・ビタミンA
レバーやうなぎ、緑黄色野菜(特にニンジン)などに多く含まれている脂溶性のビタミン。
精子の形成に必要不可欠でありながら、現代の日本人は必要量の半分程度しか摂れていないとされる、最も不足しがちな栄養素です。

・亜鉛
牡蠣貝や牛ヒレ肉、レバーなどに多く含まれているミネラルであり、セックスミネラルとも呼ばれています。その別名のとおり、男性ホルモンや精子の合成に必要不可欠な栄養素です。

・ビタミンE
南瓜やナッツ類などに多く含まれている脂溶性のビタミン。亜鉛と同様に男性ホルモンや精子の合成に必要不可欠な栄養素です。また、血流を良くする働きがあるため、ED治療にも効果的。

・EPA
青魚などに含まれている不飽和脂肪酸の一種。最近、よく耳にするオメガ3系の油です。
EDのほとんどが血流障害と言われていますが、EPAにはビタミンE同様に血流を良くする働きがあります。喫煙やたばこ、そして肉食中心の食生活では血液がドロドロになり血流が悪くなりがち。肉食中心の方は、まずは魚中心の食生活に切り替えてみるといいでしょう。

これらの栄養素を多く含む食材を、積極的に摂るように心がけてみて。ビタミンA以外は全てサプリメントで販売されているので、食生活の改善がなかなか難しいという方は、サプリメントを上手に使って補給して下さいね」

■食生活だけでなく、生活習慣をトータルに改善しよう

杉山さん「食生活以外にも、EDになりやすい生活習慣は色々とあります。そのうちのひとつがタバコ。喫煙者は非喫煙者に比べると1.8倍もEDを発症しやすいと言われています。喫煙習慣のある方は思い切って禁煙してみては? また、ストレスや運動不足もEDの原因の1つ。週末はストレス発散と運動不足の改善を兼ねて、何か身体を動かす行事などに参加してみるといいかもしれませんよ」

■最後にアドバイザーからひと言

「健康で活力に溢れた体は、正しい生活習慣から。バランスのいい食事でEDとメタボを撃退しましょう」

記事提供 / 素晴らしきオトナたちへ。モテるオトナの悦びを。[editeur エディトゥール]

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト