交際人数、経験人数…恋愛遍歴、気軽に話してない?

女が探る「恋人の元カノ話」1位は

2015.11.04 WED

世論調査


敏感な女性なら、あなたが何気なく発した些細な一言からさまざまなことを察して、機嫌を損ねてしまうかも… ストリーム / PIXTA(ピクスタ)
彼女から「過去の恋」について聞かれた時、みなさんはどのように回答しているだろうか。ついつい“経験豊富なオトコ”を演出しようと、元カノの数や経験人数を多めに言っていたら要注意。オトコにとっての“武勇伝”が、女性にしてみれば、オトコの価値を下げる判断材料となることもあるという。果たして女性は、オトコの女性遍歴について、どんなところが気になり、それを聞いてどうジャッジしているのか…。20~30代の独身女性会社員200人に、恋人の“元カノ”について知りたいことは何か、アンケート調査を行った。(協力/アイリサーチ)

〈彼氏の“元カノ”について知りたいことTOP10〉
※全11の項目から複数回答

1位 元恋人との別れの理由 95人
2位 異性との交際人数 59人
3位 異性との経験人数 39人
4位 元恋人とのなれそめ 38人
5位 元恋人のルックス(顔) 26人
6位 元恋人の職業 24人
7位 元恋人にあげたor元恋人からもらったプレゼント 23人
8位 元恋人の体型(身長、体重) 19人
9位 元恋人とのデート場所 17人
10位 元恋人とのデート、電話、メールの頻度 15人

※番外
11位 元恋人とのデート代の支払い状況(割り勘、おごり、など) 6人

1位は全体の約半数が選んだ【別れの理由】。以下【交際人数】【経験人数】【なれそめ】など、オトコの恋愛経験にまつわる項目が並ぶ一方で、【ルックス】【職業】【体型】など、元カノのスペックのみに注目する項目は下位に。では女性たちが、過去の恋バナを通して探りたいポイントは何なのか。それぞれを知りたいと思った理由は以下の通り。

【1位 元恋人との別れの理由】
「彼の人間性が見えてくると思うから」(36歳)
「毎回同じことが原因で別れていたら何か問題があると思うから」(36歳)
「どういうことがその人にとって妥協できないことなのか、ちゃんとした理由で別れたのかを知りたい」(37歳)
「前の相手を気にしているというよりは、本人についての人柄を知りたい」(31歳)
「理由によってはヨリを戻されるかもしれないから」(35歳)
「尾を引くような可能性が無いか確認しておきたいから。恨み等あったら困るし事件性があったら困るので」(30歳)
「二の舞になりたくないから。同じことで別れないように」(26歳)

【2位 異性との交際人数】
「人数が多いと遊び人だと思うから」(34歳)
「あまり多すぎるのは嫌だから」(29歳)
「あまりにも女性慣れしている人は嫌だし、人数でチャラいかどうかの判断をするから」(25歳)
「常識的な人数であるかどうか」(37歳)
「少なすぎてもいやだし多すぎても嫌だから目安として聞きたい」(39歳)
「どれくらいの経験をしてきたのか知る目安になるから」(37歳)

【3位 異性との経験人数】
「経験してる分だけ自分と比較されるような気がするから」(24歳)
「自分が経験ないから不安」(26歳)
「性病が気になる」(35歳)
「自分に病気が移るかもしれない、彼氏が将来的に性的な病気になったら、家計が苦しくなるし、自分が世話しないといけないから、また子供にも移る危険があるから」(24歳)
「経験がない人はさすがに嫌です」(33歳)
「その人の大体の恋愛観がわかるから」(24歳)

【4位 元恋人とのなれそめ】
「異性をみるポイントがしれるから」(31歳)
「どちらが積極的にいったか知りたい」(35歳)
「どういう出会いで恋に発展するのか把握しておきたいため」(25歳)

【5位 元恋人のルックス(顔)】
「相手にとって自分がどれくらいのランクなのかを確認したい」(39歳)
「好みが分かるから」(38歳)
「自分に自信が持ちたいから」(33歳)

6位の【元恋人の職業】には「自分との比較が一番しやすい」(34歳)と対抗心がチラリとのぞく回答が。7位の【元恋人にあげたor元恋人からもらったプレゼント】では「彼がお金持ってるのか」(25歳)と、シビアな意見が寄せられた。また10位の【元恋人とのデート、電話、メールの頻度】には「自分が本気か疑わしいから」(35歳)と、交際後も疑いの目を向けている慎重な女性からの声もあった。やはり、女性は恋愛に関する細かい情報からも、オトコの性格や恋愛観を探っている模様…。

ちなみに、【把握していたいと思うことはない】と回答した女性は82人。同じ質問を男性対象に行ったアンケートでは114人だったことからも、女性の方が相手の過去を気にする傾向にあることがうかがえる。自分自身は「恋人の過去なんて関係ない!」なんて思っていても、相手が同じ考えだとは限らない。自分の恋バナが、思わぬ軋轢のきっかけとなってしまぬよう、気をつけた方がいいかも…。
(二祥 翼)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト