頑張ったあとは自分へのご褒美!

1000円以内! プチ贅沢スイーツ4選

2015.11.14 SAT

働く女子を応援!L25タイムス


ピエール マルコリーニ/パティスリー オータム セレクション 3個入り
気合いの入ったプレゼンを乗り越えたり、山のような事務処理を終えたときには、自分へご褒美をあげたくなりますよね。いつものお菓子もいいけれど、たまには味や素材に定評のあるブランドのゴージャスな逸品を食べるのも◎。ちょっと奮発しつつ、1000円までの予算で買えるお菓子を選んでみては? 地下鉄やJRからも立ち寄りやすい渋谷ヒカリエShinQsのスイーツ担当に、おすすめの贅沢スイーツを聞きました♪

1●ピエール マルコリーニ/パティスリー オータム セレクション 3個入り(1080円)
ベルギーの有名ショコラティエ「ピエール マルコリーニ」からは、食べ応えのある焼き菓子詰め合わせをチョイス。シンプルだからこそおいしい「チョコレートケーキ」に、異なる質感のチョコを組み合わせた「サブレ ショコラ with ビターチョコレート」。そして季節限定の「ダックワーズ マロン」がセットになっています。疲れた心と体に、老舗のショコラが染みわたっていくはず。

2●フェーヴ/豆スイーツ カシュー×フランボワーズ(401円)
パティシエ辻口博啓が手がける豆スイーツブランド「フェーヴ」。天然のサプリメントと呼ばれるほど栄養豊富な豆・ナッツ類に、さまざまなフレーバーを施したオリジナルスイーツがそろっています。ピンク色がかわいらしい「カシュー×フランボワーズ」は、甘酸っぱいラズベリーのパウダーでカシューナッツをコーティング。添えられたジューシーなドライパインとの相性もバツグンです。チャック付きのパックなので、保存しやすいのもうれしいところ。

3●然花抄院/和三盆金平糖(432円)
徳島産の和三盆糖を使用した小粒の金平糖は、口の中でさらりと溶ける上品な甘さ。いつものコーヒーや紅茶ではなく、煎茶など緑茶といただくのがおすすめです。ころんと小さく懐かしいフォルムは、見ているだけでもほっこりすること間違いなし。和テイストの小さな紙箱に入っているため、デスクの上に置きっ放しでも目立ちません。

4●パティスリー・サダハル・アオキ・パリ/アリュメット オ セザム(820円)
フランス産の発酵バターや小麦など、素材にこだわる「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」の焼き菓子。「アリュメット オ セザム」は、さくさくとしたパイ生地の甘いコクを、たっぷり載せたゴマの塩味が引き立てる逸品です。口中に広がるバターの香りが癖になり、「一本だけ」と思っているのに、ついつい手がとまらなくなってしまうかも…。

「この仕事が終わったら、デスクであのスイーツを食べる!」なんてゴールにするのもテンションが上がりそう。あ~、なんだか私も小腹がすいてきました! さて、今日のご褒美は何にしましょう?

(菅原さくら/アバンギャルド・WOOTS)

■デスクのこそ食べスイーツ 第4回

  • フェーヴ/豆スイーツ カシュー×フランボワーズ
  • 然花抄院/和三盆金平糖
  • パティスリー・サダハル・アオキ・パリ/アリュメット オ セザム

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト