歯磨きちゃんとできてますか?

歯周病はまだ先のコト…じゃない!

2015.12.07 MON

歯磨きちゃんとできてますか?


「Doltz(ドルツ)」のハイスペックモデル「EW-DE54」の細かい振動と「ヨコ磨き」は新体験! 歯周ポケットもしっかりケアできて、スッキリ&スベスベの仕上がりに。

「極細毛ブラシ」×「ヨコ磨き」で歯周ポケットをケアせよ!



「いつもの磨き方で、歯垢などのお口の汚れはどれくらいキレイになっているものなのだろう…」「手磨きでは細かな動きができず、歯茎を傷つけてしまうこともあるのでは…」などなど、歯磨きに関する不安や悩みを持っている人も多いはず。だったら、そんなモヤモヤをまるっと解消しちゃおう! ということで、最新の音波振動ハブラシ「Doltz(ドルツ)」のハイスペックモデル「EW-DE54」を初体験! その実力とは?

まずは、ブラシが「歯周ポケット」の奥までしっかりと届くことを期待し、細さわずか0.02mmという「極細毛ブラシ」を装着。この「歯周ポケット」と呼ばれる歯と歯茎の間には、歯ブラシが届きにくいため汚れが蓄積されやすく、放っておくと虫歯や歯周病の原因になるともいわれている。それだけにこの「極細毛ブラシ」には期待したいところだ。

そしてスイッチを入れると、本体が振動しはじめるが、思っていた以上に音は静かだ。人の手では再現できないこの細かい「音波振動」なる動きは、汚れや歯周病の原因菌をかき出すための大きなポイントなのだろう。

さっそく軽く歯にあててみると…、ん? これまでに使ったことのある電動ハブラシとも少し動きが違う! そう、これがDoltsの得意技「ヨコ磨き」で、歯周ポケットのケアに適した磨き方らしい。さらに、手磨きに比べるとびっくりするくらいに早く磨き上がるのも大きなポイントだ。

使用前に少し気になっていたのが「歯茎にあてる強さをコントロールするのが難しいのでは?」ということ。でも安心! ちょっと強くあてても振動パワーは衰えず、どんどん汚れがかき出されていくのがわかった。また、より力をかけて強くあてすぎた場合は適度に振動が弱くなってくれた(「パワー制御機能」が搭載されている!)。これなら歯肉を傷つけることがなさそうだ。

そして、磨き上がった歯を舌で触ってみると…なんともツルツルとした仕上がりに! これも普段とは格段に違う感覚だった。ぜひ体験してみてほしい。

最後に、使用感とともに気になる「充電」についても嬉しいポイントがあるのでご紹介を。充電式のアイテムは、いざ使おうと思ったときにバッテリー残量がゼロになっていて動かない…なんてことがよくあるもの。でも新しくなったDoltzは、これまで17時間かかっていたフル充電時間が1時間になり、さらに、2分間充電をすれば取り急ぎ1回分の2分間は稼働する「クイックチャージ機能」も搭載! 時間もパワー残量もない…なんて時にも僕らを助けてくれるのだ。

このように、毎日の歯磨きで歯周病ケアが手軽にできるうえに、たくさんの便利機能が詰まった音波電動歯ブラシDoltz「EW-DE54」で、口内環境にやさしいワンランク上の歯磨きを!!
  • 「極細毛ブラシ」を歯と歯茎の間に約45度を目安に斜めにあてることで、歯周ポケットの奥に潜む歯周病の原因菌を除去。本当の意味での「スッキリ感」とは、このことか!! と実感。
  • 洗面台の上でも場所をとらずスタイリッシュに保管できる充電スタンドも魅力のひとつ。2分間でOKな急速充電はズボラな僕らの強い味方だ。

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト