ウイスキー、アイス、ポテチ、缶コーヒー

大人が行きたい!工場見学TOP10

2015.11.28 SAT

世論調査


商業用に詰められた、通称“生樽”(生ビール樽)。できたてが飲めたら格別だ! 写真提供ケニチ / PIXTA(ピクスタ)
数年来、工場の内部を放送するTV番組が流行ったのもあって、「大人の社会科見学」なる言葉をよく耳にするようになった。実際に見学できる工場はたくさん存在し、流行を受けて増加傾向にある。なかでも人気なのが実際にその場で飲み食いできる飲食系の工場だ。そこで20~30代の男性会社員200人に、「一度見学してみたい飲食系の工場」についてアンケート調査を行った。

■一度見学してみたい飲食系工場TOP10
(実際に見学できる19種類の工場から、1~3位まで選んでもらい、1位を3pt、2位を2pt、3位を1ptとして集計 協力/アイリサーチ)

1位 ビール工場 263pt
2位 ウイスキー蒸留所 134pt
3位 アイス工場 123pt
4位 チョコレート菓子工場 101pt
5位 ポテトチップス工場 100pt
6位 缶コーヒー工場 91pt
7位 日本酒の酒蔵 79pt
8位 ワイナリー 68pt
9位 カップ麺工場 67pt
10位 牛乳工場 47pt

※番外
11位 せんべい工場 23pt
12位 明太子工場 20pt

アルコール類強し…! ビール(1位)、ウイスキー(2位)を筆頭に日本酒(7位)、ワイナリー(8位)などもランクイン。特にビールは圧倒的な票を獲得している。そのほか、人気が高いのはお菓子系。アイス、チョコ、ポテトチップスと定番お菓子の製造方法に興味をそそられた人が多いようだ。

それぞれの工場を選んだ人に、あふれる飲食物への愛も含め、選んだ理由を教えてもらった。

【1位 ビール工場 263pt】
「いい匂いがしそうなので」(31歳)
「試飲が楽しみ」(39歳)
「ビール製作工程を生で見学したいから」(38歳)
「製造過程を見れたり、試飲したり出来るから。あとはビール工場でしか買えない物があるから」(34歳)

【2位 ウイスキー蒸留所 134pt】
「水へのこだわりを確認したい」(29歳)
「蒸留所の記事を最近よく広告でみかけるから」(31歳)
「原酒など貴重な酒が飲めるかもしれないから」(36歳)
「熟練の醸造技術があるとおもう。単なるお酒の製造工場ではなく、ウイスキーの歴史と文化の一端に触れることができる」(37歳)

【3位 アイス工場 123pt】
「アイスが好きなので あわよくば試作品とか食べてみたい」(34歳)
「アイスを作る工程が気になる」(37歳)
「アイスがとても好き。なかなかアイスを製造しているところを見たことがない」(39歳)

【4位 チョコレート菓子工場 101pt】
「子供の頃明治の工場があったが、チョコレイトのよい香りが漂っていて、行ってみたかった」(29歳)
「どうやって大量のお菓子をくっつかないように作っているのか知りたい」(36歳)

【5位 ポテトチップス工場 100pt】
「フライの仕方を見てみたい」(33歳)
「おいしいので単純にどうやって作っているのか興味がある」(29歳)

【6位 缶コーヒー工場 91pt】
「普段から自分自身がよく飲むので見てみたいという気持ちになります。 市販のコーヒーは現在ではとても凝っているので興味があります」(38歳)

【7位 日本酒の酒蔵 79pt】
「日本酒が好きで興味があるし、蔵ごとに特徴が違って面白いから」(37歳)

【8位 ワイナリー 68pt】
「試飲ができそうなので」(25歳)

【9位 カップ麺工場 67pt】
「普段よく食べるカップラーメンがどのように作られているのか見てみたい」(36歳)

【10位 牛乳工場 47pt】
「実際にどのようにパック詰めしているのか見てみたい」(39歳)

もちろんそれぞれの項目でも最も多かった理由は、「試食、試飲ができるから」。できたてヤホヤの商品を一度味わってみたい! というのは誰しも考えたことがあるはず。なお、工場見学はほぼすべて事前申請が必要。仲間と連れ立って、大人の社会科見学にでかけてみるのも乙なものかも。
(千川 武)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト