40代のアク抜きダイエットテク

綱渡りで鍛える!注目エクササイズ「スラックライン」

2015.12.07 MON


今注目の最新スポーツ「スラックライン」をご存じだろうか? アメリカで誕生した新スポーツ「スラックライン」は、ベルト状のラインの上を歩いたりジャンプしたりする「綱渡り」のスポーツ。体幹バランスやインナーマッスルを手軽に鍛えられるとされ、トレーニングに取り入れるアスリートも増えているのだとか。そんなスラックラインの魅力について、ティップ.クロスTOKYO渋谷のインストラクター・伊藤倫太郎さんに伺った。

■■今回のアドバイザー
インストラクター 
伊藤 倫太郎

ティップ.クロスTOKYO渋谷インストラクター。NESTA-PFT(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会・パーソナルフィットネストレーナー)認定。トレーナー歴10年。ファンクショナルトレーニング全般、スピニング、格闘技系エクササイズなど幅広いジャンルのレッスンを担当している

■クライマーたちの遊び心から産まれた、注目の新スポーツ

伊藤さん「スラックラインとは、幅約5cmのナイロンベルトの上で立ったり、歩いたりと様々な動作を行う、綱渡りとトランポリンを融合したような新しいスポーツです。

元々は1960年代にアメリカのヨセミテ国立公園で、クライマーたちが体重移動のトレーニングやオフの遊びを兼ねて、使い古しのロープで綱渡りを始めたのがきっかけとされています。2011年には、ドイツで初のワールドカップが開催されるなど、その注目度は近年高まるばかり。世界各地で人気が広がっている新しいスポーツなのです」

■見た目以上のハードさで、全身の筋肉をまんべんなくシェイプアップ

伊藤さん「トレーニングとしてのスラックラインの効果といえば、なんといっても全身の筋肉の引き締め。スラックラインは一見下半身を主に使うトレーニングのように見えますが、実は全身の筋肉をくまなく使うスポーツです。ベルトの上に乗るだけで高い体幹トレーニング効果を発揮するため、ウエストや脚回りをはじめ、全身のシェイプアップが期待できます。また、アンバランスなベルトの上で自分のカラダをコントロールすることで、平衡感覚の強化やカラダの軸の安定性を養う効果も。サーフィンやスノーボードといったスポーツのパフォーマンス向上を目指す方にもオススメです。姿勢がスッキリと伸びて所作もしなやかになるので、ビジネスマンとしての立ち居振る舞いの印象UPにも役立ちますよ」

■遊ぶような気持ちで楽しむことが、スラックライン上達の鍵

伊藤さん「バランス感覚を養うスラックラインですが、転んで足首の捻挫してしまうなどの怪我は避けたいところ。怪我のリスク軽減やトレーニング効果を高める為に、事前に全身のウォーミングアップを行ないましょう。

こういうと、元からバランス感覚や筋力が必要なスポーツのように思えるかもしれませんが、スラックラインに最も必要な素質は『楽しむこと』。元々は遊びから生まれたスポーツであるスラックラインの魅力は、うまくいっても失敗しても盛り上がれることです。興味があるという方は、ぜひ、まずは思い切ってチャレンジしてみてください。やってみることでダイエット効果はもちろん、子供のように夢中になれる感覚に出会えるはずです」

■最後にアドバイザーからひと言

「ベルトに乗るだけで楽しめ、上達する喜びを感じられるスラックライン。ぜひお試し下さい!」

記事提供 / 素晴らしきオトナたちへ。モテるオトナの悦びを。[editeur エディトゥール]

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト