コンプレックスを、楽しもう

冬に使える!食べ合わせダイエット

2015.12.01 TUE


テレビで取り上げられたことから注目されている食べ合わせダイエット。食べる量や食べたいもの、食べる時間などを制限しなくても、組み合わせる食材で太りにくくするという嬉しいダイエット方法です。これから寒くなる季節に、無理せず気楽に取り組んでみましょう。

食べ合わせダイエットのポイントは、酵素、油、代謝です。酵素にはカロリーを消費してくれる働きがあるため、酵素の含まれる食材を追加することでやせやすくなります。油はダイエットの敵! と思われがちですが、オメガ3脂肪酸などの良質な油は代謝を活発にして太りにくいカラダを作ってくれます。代謝のポイントとしては、カラダを冷やさない食べ物を摂るということ。余分なエネルギーをどんどん燃やしてくれる体質を作るためには、代謝を助けてくれる食材を摂ることが大切です。

このダイエットではカロリー摂取を制限するのではなく、代謝をあげて余分な脂質やエネルギーをカラダにため込まないということを目指しています。ですから、スイーツやお肉、お米などの炭水化物と言ったダイエットにはNGとされる食材も制限しません。お腹いっぱい好きなものを食べながら、3つのポイントを満たしてくれる食材の組み合わせを見ていきましょう。

●深夜の食事やラーメンの前には野菜ジュースか果物をプラス
お腹が空いた状態での食事やラーメンなどの炭水化物を摂ると、血糖値が急激に上がってしまいます。その後、摂取することができなかったその糖分の残りが脂肪となってカラダに蓄積されてしまいます。それを防いでくれるのが、食事の前の野菜ジュースや果物です。野菜や果物には食物繊維が豊富に含まれているので、それをまず摂取することで後から摂取した炭水化物による血糖値の急上昇を防ぐことができます。また、野菜や果物にはビタミンなどの成分も多く含まれているので、カラダにもいいですね。

●天ぷらや揚げ物は、お酢やレモンで食べよう
天ぷらやからあげ、とんかつといった多くの油を使った揚げ物料理には、お酢やレモンをかけて食べましょう。お酢にはアミノ酸が含まれており、細胞やカラダの新陳代謝を活発にしてくれる働きがあります。このため、カロリーを消費する代謝量があがって、脂質がカラダに蓄積するのを防いでくれます。また、レモンにも脂肪を消化し、過度にカラダに吸収されるのを防いでくれる成分が含まれているということです。

●チョコレートやケーキなどのスイーツは、ナッツ類と組み合わせる
太るのはいやだけど、チョコレートやケーキを制限するなら死んだ方がまし! と思う人も多いはず。そんな人にも嬉しいのがこのダイエットです。ケーキもチョコレートも食べていいのですが、その時には素焼きしたアーモンドやクルミなどのナッツを一緒に食べましょう。食物繊維が糖質の吸収をやわらげ、代謝をあげてくれます。飲み物は冷たいものではなく、ホットの豆乳ラテやココアをあわせてください。冷たい飲み物よりも少ない糖分でも甘みを感じるうえ、カラダを温めて代謝を活性化させてくれます。食べると太ると考えて食事制限をしてしまうダイエットでは、必要な栄養素も摂れずに栄養不足になることが問題となっています。


しかし、この食べ合わせダイエットは食べた分は代謝をあげて消費するという考え方です。少し食べ合わせを工夫することで、おいしく楽しく食べてストレスの少ないダイエットを実践しましょう。
(enJOY Complex編集部)


記事提供/『エンジョイコンプレックス』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト