今日の注目を紹介! ママニュースアンテナ

つら~い冬の肩こりを10秒で楽にする肩こり解消法

2016.01.21 THU


厚生労働省が発表した平成25年の国民生活基礎調査の概況によると、人口千人当たり男性では60.2人が、女性では125.0人が、肩こりに関する症状を感じているそう。もはや国民病ともいえる肩こり。普段からマッサージをしたり、鍼灸に通ったりと悩みを抱えケアを欠かさない人も多いからか、今ネット上で「10秒で肩こりの症状を軽減する」方法がいくつか話題となっています。


1つ目の方法は、肩こう骨を意識した10秒体操。その方法は、

(1)両ひじは90度に曲げ、手を上にした状態で顔の横へ。息を吐きながら、顔の前でひじとひじがつくまでくっつけて閉じる。

(2)息を吸いながら、今度は閉じたひじ同士が離れるよう、めいっぱい肩こう骨を寄せていく。

(3)両腕を頭の上に伸ばし、手の甲と甲を頭の上でくっつける。

この方法は、凝り固まった肩こう骨をほぐすのに最適。実際にやってみると、やった直後、肩こう骨周辺の血流が良くなり、背中が温まるのが実感でき、肩が軽くなりました。いつでもどこでもできる手軽さも◎。

2つ目の方法が、「さとう式肩こり解消リンパマッサージ」。

肩こりというと、肩と叩いたり揉んだりしてコリをほぐすものだと思いがちですが、同マッサージあごの関節運動を利用してリンパを流れやすくし、循環障害を改善するというもの。顎関節症の症状を和らげる一環として生まれたもので、あご周りの筋肉であるそしゃく筋の緊張は、肩こりや頭痛、耳鳴りなどの症状改善にも効果があるといいます。


実際施術受けている動画がYoutube上にアップされているのですが、叩いたり揉んだりといった従来の施術を行うことはなく、腕をもって肩周辺を優しくさするだけ。動画内で体験した女性も、ほんの10秒程度でコリがほぐれたことに驚いているようです。こちらは残念ながら自分一人ではできないのですが、全国各地で講習会が開催しているそう。

冬は寒さから筋肉が緊張し、肩こりの症状もつらくなりがち。気軽にできる10秒解消法で、つらい冬の肩こりを乗り切りましょう!
(文・永代渡/考務店)

記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト