参加する理由の1位は人数合わせだけど…

既婚者男性 合コン経験あり○割

2015.12.14 MON

世論調査


合コンは1次会よりも、男性だけで行う「反省会」のほうが楽しみだったりするんですよ! 画像提供/KAORU / PIXTA(ピクスタ)
合コンは出会いの場。ビジネスマンにとっては、恋の相手と知り合うだけでなく、人脈を広げたり、客を接待することにも使えるイベントである。結婚したとしても、男友達との付き合いも兼ねて参加したり、幹事をお願いされたりと、なかなか“やめられない”こともあるのではなかろうか。そこで、20~30代の子供がいない既婚男性会社員200人を対象に、「既婚者合コン」について、アンケートを行った(調査協力/アイリサーチ)。

〈結婚してから合コンに参加した経験はある?〉
・ある 12.5%(25人)
・ない 87.5%(175人)

世の男性は、妻への忠誠心が高いのか、9割近くが結婚後は合コンに参加していないと回答。ただ1割以上は引き続き参加しているというのは見逃せない数字。そのうち「既婚者であることを隠して参加した」人が、全体の8.5%、合コン経験者に限れば7割近くにあたる17人もいるという。合コンに参加した理由は何か、「既婚者合コン」経験のある25人に聞いてみた。

〈結婚後、合コンに参加した理由TOP5〉
(複数選択)
1位 人数合わせで呼ばれた 14人
2位 友人との付き合い 11人
3位 浮気相手を探すため 7人
4位 主催者幹事として参加 6人
4位 仕事関係や妻以外の女の子と話したい 6人

※番外
6位 妻とセックスレスのため 4人

一部には浮気相手探しを豪語している人もいるが、「率先して参加したのではなく、付き合いで…」そんな心の声が聞こえそうな結果となった。総務省がまとめた「20歳~44歳の年齢別未婚率の推移」によると、30代男性の未婚率は40%前後(平成22年時点)。同世代の友達の4割程度が「現役」で合コンに参加していると思うと、結婚後も友達に誘われるケースがあるというのは納得かも。「友情の証」としての合コンが、思わぬ夫婦トラブルにつながらないよう、くれぐれもご注意あれ!

(田中 薫)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト